【体験レビュー】カイテキオリゴは便秘に効くのか?

本日レビューする商品は、オリゴ糖を粉末状にした『カイテキオリゴ』。最近、ネットサイトやフェイスブック広告などでも紹介され、便秘解消食品としてはかなり有名なオリゴ糖です。

そんなカイテキオリゴを実際に飲んで感じたことを、できるだけ詳しくレビューします。

  • ホントに効くの?
  • 即効性はあるの?
  • 糖って甘いから太らないの?
  • 他の便秘解消商品と比較してどうなの?
  • マグミットの服用をやめてオリゴ糖に頼りたいんだけど・・・

便秘に悩む方がホントに知りたい情報って、公式サイトやレビューサイトには意外と記載が少ないのが現状。1袋3000円以下で購入できるとはいえ、商品の内容をある程度理解してから購入したいところですね。

最初に言いますけど、カイテキオリゴにもデメリットはあります

その辺りを中心に解説しますね。少し長くなるかもしれませんが、購入の参考にしてみてください。

カイテキオリゴ口コミ

東尾理子バナー

【結論】カイテキオリゴは私には効かなかった!

カイテキオリゴに求める効能は、

コロコロウンチを解消し、便秘の悩みから解放されること!

その効能を求めるために、私はカイテキオリゴを毎日継続して飲み続けました。ただ、飲み続けたと言っても、ヨーグルトや納豆やきな粉などに混ぜ合わせて食べていただけ。これを1日3回、専用のスプーン1杯(5g)をヨーグルトなどの食品に混ぜ合わせて食べていただけです。

その結果をまとめるとこんな感じでした。

  • 最初の3日ぐらいまでは全く変化なし。(コロコロうんち状態)
  • 4日目ぐらいから少しだけ便が柔らかくなってきたかも。ただし、劇的な便通改善効果はなかった
  • しばらく飲んだけど、劇的な便通改善効果は現れなかった。

つまり、効果は期待はずれだったということです。

インターネット上の口コミサイトでも、『飲んでから5日目ぐらいから快便になった!』とか『飲み始めて2〜3日は何も効果が出なかった!』という口コミがたくさんあったので、私も期待していましたが、私の体質に合わなかったのか、便通改善効果はありませんでした。

IMG_6721

ただし、このようなサプリメントは誰が飲んでも同じような効果が得られるというものではなく、体質などによって大きく変わってきます。

そのため、「カイテキオリゴは便秘に効かない!」という訳ではありません。

カイテキオリゴの詳細

では、カイテキオリゴの商品自体を解説します。

カイテキオリゴを直接なめると、甘さは感じられるものの、砂糖のように甘くはありません。ヨーグルトに混ぜ合わせて食べると、ほのかに甘さを感じる程度。

カロリーも5gあたり10キロカロリー程度なので、1日30キロカロリー。カイテキオリゴに頼った生活を送っていても、太るリスクはありません。

太ってでもいいから便秘を解消したい!

なんていう方っていませんもんね。便秘は辛いけど、そのサプリメントで太っていくのはちょっと違う!カイテキオリゴは太る心配がないことが女性から人気を得ている理由かもしれません。

オリゴ糖が便秘改善に効くと言われている理由

カイテキオリゴは高純度のオリゴ糖を主成分とした食品です。では、なぜオリゴ糖が便秘改善に効果があると言われているのでしょうか?

それは、オリゴ糖が腸内で活躍する善玉菌のエサとなるからなのです。オリゴ糖が腸に届くと善玉菌によって分解されると同時に、善玉菌が増殖します。善玉菌が増殖すると腸内環境が正常化され、便秘が解消されるのはみなさんご存知ですね。

つまり、オリゴ糖の目的を簡単にまとめると、

善玉菌のエサとなるオリゴ糖を腸まで届け、善玉菌を繁殖させる!

これが最大の目的なのです。

私のように「カイテキオリゴを飲んでも便秘が治らなかった!」という方は、腸にオリゴ糖が届かなかったか、腸内の善玉菌とオリゴ糖の相性が悪かったということでしょう。

DSC06485

オススメしたい人・オススメできない人

カイテキオリゴは便秘に悩むすべての方には効きません。便秘にもいろんな種類がありまして、

などがあります。腸のぜん動運動の機能低下が原因で発症する便秘なら、腸内の善玉菌を活性化させるオリゴ糖が効果的なのですが、それ以外の便秘の場合は、思ったよりオリゴ糖が効かない場合もあるようで、便秘解消食品に頼るよりも、病院での治療が必要のようです。

一番効果的な飲み方

「カイテキオリゴは、いつ飲んでも効果が現れますよ!」

こういったフレーズをよく見かけますが、これは完全に間違い!

カイテキオリゴを摂取する一番定番の方法である『食後のコーヒーに混ぜて飲む』という摂取法は、少なくとも私には効果が現れませんでした。

この辺りの詳細は『便秘を解消するゴボウ茶やオリゴ糖が効果的な飲むタイミングはいつが一番?』の方に詳しく記載していますので、参考にしてくださいね。

効果がない方にオススメの便秘対策

カイテキオリゴは薬ではなく、単なる便秘解消のための栄養補助食品です。それゆえ、私のように飲んでも効果がない場合も有ります。体質って人それぞれですからね。

ただ、カイテキオリゴの性質は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことを目的としています。何が言いたいかというと、

いくら高純度のオリゴ糖を摂取しても、腸の中に善玉菌の数が少なければ、オリゴ糖を摂取しても意味がない!

当たり前ですよね。養殖のいけすに、栄養たっぷりのエサを撒いたとしても、いけすの中に魚がいなければ、魚なんて増えませんもんね。それと同じです。

通常、人間の腸の中には、

  • 善玉菌 2割
  • 悪玉菌 1割
  • 日和見菌 7割

の割合で菌が存在しています。このバランスがおかしくなると便秘や下痢を引き起こすのです。善玉菌がゼロになるというのは極端ですが、ある程度の善玉菌がないとオリゴ糖の効果が発揮されません。

ではどうすればいいのか?答えはシンプル!

 

善玉菌を増やす!

 

ヨーグルト(ビフィズス菌)でもいいですし、納豆(納豆菌)を食べるのもいい。私は「【乳酸菌サプリは飲むタイミングが大事】効果がある飲み方とおすすめサプリ」でも書いている通り、ビフィズス菌サプリメントで善玉菌を増やすのが一番効果的でした。

【まとめ】カイテキオリゴより効果があったのは?

カイテキオリゴは多くのユーザーが素晴らしい口コミを投稿していますが、個人的には「?」と思いました。

もちろん、効果があった方もたくさんいると思いますが、カイテキオリゴで便秘が改善するなら、その便秘は軽度なのかなと思います。

そのため、

1袋2000円以上のお金を支払って、間接的な便秘対策を行うなら、機能性表示食品であるビフィズス菌サプリメントを摂取して、直接的な便秘対策を行う方が効果的!

という結論に至りました。

中でも、森永乳業が手がける「ビヒダスBB536」というビフィズス菌サプリメントは、カイテキオリゴよりも低価格で1ヶ月お試しできて、直接、腸内環境を整える高性能ビフィズス菌が摂取できるので、効果が高いです。

好みの問題もありますが、オリゴ糖を試すなら、その前にビフィズス菌サプリメントをお試しする方が、安くて効果的だというのが私の結論です。

【当サイト管理人が推奨する便秘対策サプリメント】

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。