1. ホーム
  2. 便秘と乳酸菌について
  3. ≫乳酸菌サプリが便秘対策で選ばれている5つの理由

乳酸菌サプリが便秘対策で選ばれている5つの理由

便秘を解消したいの。ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリ・・・、どれが一番効果があるのかしら?


便秘を改善する効果を最も得やすいのは、「乳酸菌サプリ」だといわれていますよ。


そうなんだ、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリのほうが便秘に効くのね。ねえ、でも何故乳酸菌サプリのほうが効果があるの?ヨーグルトと乳酸菌サプリの違いは何?


分かりました。ではここでは、便秘対策になぜ乳酸菌サプリをオススメするのか、その理由を全てご紹介していきましょう。


目指すのは、赤ちゃんのようなお通じ!

生まれたばかりの赤ちゃんに、便秘の子は1人もいないといわれています。便秘はヒトがこの世に誕生してから、悪い食生活や不規則な生活習慣によって次第に形成されていくということです。

乳酸菌は赤ちゃんのような、元の良い腸内環境の状態に戻してくれる働きがあります。そして乳酸菌商品の中でも、最もその効果が高いのが「乳酸菌サプリ」だといわれています。

ではなぜ便秘にはヨーグルトではなく乳酸菌サプリなのか、便秘対策に乳酸菌サプリを勧める大きな理由を5つあげてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

乳酸菌サプリで、便秘体質から1日も早く抜け出そう!

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

理由① 乳酸菌サプリは乳酸菌がたくさん入っている

乳酸菌サプリは乳酸菌の入っている量がとても多い!

乳酸菌サプリには、ヨーグルトよりもケタ違いに多い数の乳酸菌が配合されています。

一般的なヨーグルトでは、1個100gで10億個くらいの乳酸菌しか摂取できないところ、乳酸菌サプリですと1日分の摂取量で例えば「久光製薬の乳酸菌ec-12」なら乳酸菌1兆個、「いきいき健康倶楽部の乳酸菌革命」なら2兆個などの数の乳酸菌を摂ることが出来ます。

便秘改善のためには、腸内の悪玉菌を減らすことが大切です。悪玉菌が増えていることで腸の動きが鈍り、便秘が起こっているからです。

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすための手早い方法は「乳酸菌の数をたくさん摂る」ということです。ヨーグルトで乳酸菌を摂取するより、乳酸菌サプリで沢山の乳酸菌を腸内に取り入れていくことが、便秘改善効果を素早く実感できる最短コースでしょう。

乳酸菌サプリは一度で多くの種類の乳酸菌を摂取できる

乳酸菌サプリはヨーグルトと比べて、入っている乳酸菌の種類も圧倒的に多いです。ヨーグルトでは1商品につき1~2種類の乳酸菌やビフィズス菌しか入っていないのが普通です。

しかし乳酸菌サプリは、1つで十数種類以上の乳酸菌を配合しているものもあります。

腸内に飼っている(持っている)乳酸菌の種類や数は人によって、全く違うといわれています。一度に多くの種類の乳酸菌を摂取することができれば、自分に合った乳酸菌が見つかりやすくなるということになりますから、早い便秘改善効果が得られるということになります。

自分の腸内に飼っている乳酸菌の種類と、摂取した乳酸菌の種類が近いほうが高い便秘改善効果を得られるからです。

関連記事ヨーグルトを食べても便秘が治らない5つの理由

便秘改善の効果を最大に引き出すために重要なことは、「いかに早く自分に合った乳酸菌の種類を見つけられるか」、そしてまた「その乳酸菌をいかに多く体内に取り入れることが出来るか」、の2点です。

乳酸菌サプリは、ヨーグルトよりも乳酸菌配合量が格段に多いですし、乳酸菌の種類も豊富ですから現れる便秘改善効果が違います!

理由② 乳酸菌サプリは菌が生きたまま腸に届きやすく設計してある

ヨーグルトは菌が生きたまま腸に届かない?

乳酸菌の本来の力を確実に得るためには、乳酸菌自体が死滅することなく生きたまま腸にしっかりと届くことが求められます。

そして生きて乳酸菌が腸まで届くように、あらかじめ始めから設計された構造をしているのが「乳酸菌サプリ」です。

ヨーグルトは先程ご紹介したように乳酸菌サプリよりも圧倒的に乳酸菌の数が少ないうえに、中には腸まで届きにくい菌種を使っている商品もあります。

乳酸菌は熱さにも弱いですし、胃酸や胆汁酸といった体から出される消化酸に対しても非常に弱いため、多くの菌を生きたまま腸まで届けることが難しい菌だといわれます。

ですから乳酸菌サプリは、胃酸対策として始めから生きたまま乳酸菌成分が腸まで届くように、カプセルに入れられたりサプリメント状に固められたりして設計されて製造されています。

ビフィズス菌や乳酸菌は生きたまま腸に届いたほうが大きな整腸効果を得られやすくなりますので、ヨーグルトよりも断然乳酸菌サプリのほうがオススメです。

関連記事ビフィズス菌は生きたまま腸に届かないと意味がないって嘘?

乳酸菌サプリは菌が生きたまま腸に届く!

腸内に棲みついている腸内細菌の総重量や総数はおおむね一定していて、悪玉菌が増加すると善玉菌は減り、善玉菌が増えると悪玉菌が減る仕組みになっています。

腸内細菌の勢力図において、悪玉菌を減らし善玉菌を増やすために最も効果的なのは、「菌が生きたまま腸に届く」ということです。

乳酸菌サプリは先程ご紹介したように乳酸菌やビフィズス菌が生息しやすい環境を素早く作れるよう、菌が生きたまま腸まで届きやすい仕様に作られています。

また菌が生きたまま腸まで届きやすいように工夫されているだけでなく、例えば「森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナS」乳酸菌サプリのように、商品に「機能性表示」を認められている「この商品は健康に良い作用をもたらしますよ~」という称号を与えられている素晴らしい乳酸菌サプリも存在します。

「保健機能食品」には3つあり、ぞくにトクホと呼ばれる「特定保健用食品」、そして「栄養機能食品」「機能性表示食品」があります。これら3つはしっかりと研究や実験などを行い、科学的根拠に裏打ちされた機能性を持つ食品で、消費者庁へ届け出がされている安全かつ優秀な食品です。

乳酸菌サプリにはこのように、生きて腸まで届くように作られているだけでなく、健康に対して機能性が高くなるように製造されているものもあります。

乳酸菌サプリは菌が生きたまま腸まで届きやすく作られているので、ヨーグルトよりも大きな成果を見込むことができます!

理由③ 乳酸菌サプリはカロリーがとても低い

一般的なヨーグルトはカロリーが高い!

ヨーグルトで乳酸菌を摂取したいと考えた場合、気になるのは「カロリーの多さ」です。乳酸菌サプリと比較すると、ヨーグルトはとてもカロリーが高いです。

100gのヨーグルト1パックで、たいてい100kcal前後のカロリーはあります。ヨーグルトで長寿説を唱えたロシア出身の生物学者メチンコフは、「健康や高い整腸効果を得るためには、ヨーグルトを1日300~500ml食べるとよい」と言っています。

日本で売られているヨーグルトで計算しやすいものを例に挙げると、日本ではヨーグルトはどこのメーカーも1パック400gの大きさでヨーグルトを販売しています。

ヨーグルトで乳酸菌を得たいと思えば、単純計算で、

ヨーグルト1パック100kcal×400g=400kcal

を、1日で食べることになります。成人女性の基礎代謝量は1日1200~1300kcal程度だといわれていますので、ちょっとこの数字は大きすぎるのではないでしょうか。

便秘対策で乳酸菌を摂取する時に便秘が改善されると、ふつう、体重は数キロ落ちていくものです。しかしヨーグルトはカロリーが高いので、便秘が解消されたとしても、あまり体重減少は見込めないかもしれません。

乳酸菌サプリは、1粒あたり1~5kcalくらいしかないものがほとんどです。中には「フジッコ 善玉菌のチカラ」乳酸菌サプリのように、1粒0.71kcalとわずか1kcalに満たないものもあります。

ヨーグルトでは、体重増加が心配です。これは、ひとえにヨーグルトのカロリーが高いから起こる心配事です。便秘だけも心配なのに、体重増加も心配しなければならないのはとても疲れます。

乳酸菌サプリは便秘改善だけで終わらない!

乳酸菌サプリはヨーグルトと違って、多くの乳酸菌の種類をブレンドしてあることが多いです。例えば「いきいき健康倶楽部 乳酸菌革命」乳酸菌サプリは、1つで16種類の乳酸菌を配合しています。

多くの乳酸菌サプリを配合してあることでどんな良いことが起きるのかと言うと、便秘改善効果を狙う以外にも様々な健康効果を得られる可能性が出てくるということです。

乳酸菌は種類によって、効果や効能が全然違います。便秘改善効果を上げやすい菌、美肌やアトピーに良い効果を現す菌、花粉症に効果を上げやすい菌など、本当に様々です。

関連記事便秘解消だけで終わらない?乳酸菌がカラダに与える7つの効果

ですから乳酸菌サプリは、いくつもの乳酸菌の種類を配合してあることで、便秘改善だけでない「棚からぼたもち」的な効果も受け取れるということです。

ヨーグルトはカロリーが高いのでダイエット中の方には向きません。乳酸菌サプリはカロリーを気にすることなく便秘改善や様々な健康効果を期待することができます!

理由④ 乳酸菌サプリはコスパがイイ!

乳酸菌サプリはヨーグルトとよりも断然コスパが良い!

免疫力を高めると人気の飲むヨーグルト「明治 R-1ヨーグルト ドリンクタイプ」、またピロリ菌を減少させる効果があるといわれている人気のヨーグルト「明治 LG-21  ドリンクタイプ」は、両者ともコンビニ価格で「1本 132円」くらいで販売されています。

1か月30日で計算すると1日1本飲んで132円×30日で、3960円ですから毎月約4000円の出費になります。

一方乳酸菌サプリはとても低価格のコスパで済みます。以下に、「1日あたり」の価格例をあげます。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナS  約99円

久光製薬 ec-12乳酸菌       約90円

フジッコ 乳酸菌サプリのチカラ    約70円

いきいき健康倶楽部 乳酸菌革命    約88円

乳酸菌サプリはヨーグルトよりも安く乳酸菌を摂取することもできますし、また、商品によっては定期購入ができるところもあります。定期購入によって、上でご紹介したお値段よりもさらに安い価格で乳酸菌を体内に取り込んでいくことができます。

乳酸菌の摂取は毎日続けるべし!

乳酸菌サプリは薬ではなく「食品」食品ですから、即効性はなく、「飲んですぐに便秘がよくなります!」とは言えません。しかし便秘薬のように激しくお腹が痛むこともありませんし、便秘体質を少しずつ「快便体質」にシフトチェンジしていってくれる体質改善に向いているサプリです。

このシフトチェンジする際には、乳酸菌の摂取が毎日必要です。ですから、ヨーグルトよりコストパフォーマンスの良い乳酸菌サプリの購入をおすすめします。

関連記事乳酸菌サプリとヨーグルトの効果は全然違う!特徴やコスパを徹底比較

乳酸菌は腸内に定着するのが難しく、腸内に長く棲み続けることができるといわれている乳酸菌でも、2週間から2か月程度が限界だといわれています。便秘を改善し快便体質にするためには、毎日乳酸菌を腸まで届けてあげることが大切で、しかもそれを続けやすいのは断然乳酸菌サプリです。

コスパだけでなく、乳酸菌の摂りやすさ、続けやすさで比べても、はるかに乳酸菌サプリのほうが上をいきます!

理由⑤ 「ヨーグルトよりもお手軽」

乳酸菌サプリはヨーグルトよりもかなりお手軽!

乳酸菌サプリは、水さえあれば飲む場所を選びません。出張、旅行、キャンプなど場所にも時間にも縛られずに、気軽に乳酸菌を体内に取り込んでいくことができます。

一方ヨーグルトは、コンビニやスーパーにその都度買いに行かなければなりません。しかも買ってから食べられなくなるまでの目安である賞味期限も1週間から、長くても2週間程度しかありません。

その点乳酸菌サプリは賞味期限も長いですし、副作用などもないとされていますので、正しい飲み方をすればヨーグルトよりも高い確率で便秘改善効果をねらうことができます。

関連記事一番効果的な飲み方はどれ?乳酸菌サプリの正しい飲み方

関連記事乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

乳酸菌サプリは「胃酸に強く」作ることが出来る

乳酸菌サプリは製造工程の中で、乳酸菌をカプセルに閉じ込めたりサプリメント状にしたりすることで、乳酸菌の成分が生きたまま腸まで届きやすくなるよう工夫されて作られています。

カプセル状にしたりすることで腸まで、より沢山の乳酸菌を届けることが可能になりますから、市販で売られているヨーグルトや乳酸菌飲料などよりも高い便秘解消効果を得られやすくなるといえます。

関連記事ヨーグルトを食べても便秘が治らない5つの理由

便秘を解消したくて乳酸菌サプリをせっせと飲んでいるのに、乳酸菌の成分が生きて腸まで到達する数が少なかったら効果は絶対に上がりません。その点、乳酸菌サプリはその点を十分に考慮されて製造されています。

また乳酸菌サプリは最初から、胃酸や胆汁酸に強いといわれる菌種の乳酸菌を選んで培養することも出来ます。

例えば、ビフィズス菌ロンガム種などは胃酸や胆汁酸に強い菌種で、便秘改善効果も高い乳酸菌だといわれます。このような菌種の乳酸菌を選んで培養し、サプリに数多くの乳酸菌を投入することで、ヨーグルトよりも高い便秘改善効果を得られる可能性を上げることができます。

乳酸菌サプリがヨーグルトよりも便秘改善効果が高いといわれるゆえんは、「便秘解消効果の高い乳酸菌やビフィズス菌を選べること」「最先端のカプセル技術やサプリ形成技術などによって、菌が生きたまま腸まで届きやすい」というところにもあります。

乳酸菌サプリはお手軽に飲めますし、乳酸菌成分が胃酸に負けないように工夫されて作られていますので、ヨーグルトよりも高い便秘解消効果が見込めます!

まとめ 

ヒトは成長するにつれて、赤ちゃんの時にはなかった便秘に悩まされるようになります。これは、赤ちゃんの時には腸に無数にあったビフィズス菌や乳酸菌が激減しているから起こる現象だといわれます。

生まれたての赤ちゃんの腸は、99%ビフィズス菌で占められているといいます。このことからも、便秘には腸内のビフィズス菌や乳酸菌がとても大切だということが分かるでしょう。

また便秘もそうですが、「最近なんだか疲れやすい」「肌荒れがよく起きる」「口内炎がたくさん出来るようになった」などの症状に覚えのある方は、腸内に悪玉菌が増えている可能性が高いですから乳酸菌の摂取を行いましょう。乳酸菌には善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があるとされています。

関連記事あなたの腸は大丈夫?症状で調べる悪玉菌チェックリスト

また乳酸菌を摂る際には効果やコスパなど、どの面から見ても、ヨーグルトや乳酸菌飲料ではなく「乳酸菌サプリ」が絶対オススメです。

毎日乳酸菌サプリを飲んで、乳酸菌を腸まで生きたまま届けてあげましょう。

ヨーグルトよりも乳酸菌サプリ!乳酸菌飲料よりも乳酸菌サプリ!便秘対策には断然「乳酸菌サプリ」がオススメです!

\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。