1. ホーム
  2. 便秘と乳酸菌について
  3. ≫乳酸菌サプリとヨーグルトの効果は全然違う!特徴やコスパを徹底比較

乳酸菌サプリとヨーグルトの効果は全然違う!特徴やコスパを徹底比較

便秘を解消したいんだけど、便秘には「乳酸菌サプリ」と「ヨーグルト」、どっちが効くのかしら?


便秘対策として乳酸菌を摂るのであれば、ヨーグルトよりも「乳酸菌サプリ」のほうが効果的だといわれていますよ。


そうなの?ヨーグルトにも乳酸菌サプリと同じく乳酸菌が入っているわよね?なぜ乳酸菌サプリのほうががいいの?


分かりました。それでは、乳酸菌サプリとヨーグルトを徹底比較し、なぜ便秘には乳酸菌サプリのほうがいいのかという理由を解説しますね。


乳酸菌サプリとヨーグルトでは、効果の出方が全く違います!

「毎朝お通じが欲しい」「もう、3~4日出てない」「週末は便秘薬で便を出す日だから遊びにも行けない」

とにかく女性は、便秘に悩む方が非常に多いです。女性の便秘は、冷えにより代謝が悪くなりやすいことや、腸を圧迫しやすい体の構造をしていることが主な原因だといわれています。

乳酸菌は、そんな便秘に悩む女性に救いの手を差し伸べてくれるスーパー菌です。ここでは、「乳酸菌サプリ」と「ヨーグルト」の違いについてご紹介し、「便秘には乳酸菌サプリのほうがオススメ!」という理由を詳しく説明していきます。

便秘さえ解消されれば、週末に便秘薬漬けになって外出できないということもありませんよ!

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

乳酸菌サプリとヨーグルトの違い① 乳酸菌の数

ヨーグルトに入っている乳酸菌の量は少ない

ヨーグルトに入っている乳酸菌の量は、乳酸菌サプリよりも格段に少ないです。日本の法律で(乳等省令)ヨーグルトは、1mlあたり1000万個以上の乳酸菌を入れなさいと義務付けられています。

これを元に単純計算すると、1つ300ml容量のヨーグルトには、約30億個の乳酸菌が入っていることになります。30億個と聞けば、「なんだ、多いじゃん!」と思うかもしれません。

しかし乳酸菌サプリには、それをはるかに超える量の乳酸菌が含まれています。

例えばカゴメの「植物性乳酸菌ラブレ 乳酸菌サプリ」は、1日の摂取量で100億個以上の乳酸菌が摂れます。また久光製薬の「乳酸菌ec-12」は1日で1兆個、いきいき健康倶楽部の「乳酸菌革命」は、1日2兆個の乳酸菌を摂ることができます。

善玉菌を増やすためには多くの乳酸菌を摂ることが大切

便秘の原因となるのは多くの場合、腸内に善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えすぎていることです。

善玉菌が増えれば便秘は改善されやすくなるので、「善玉菌を増やす乳酸菌を積極的に摂っていこう!」となるわけですが、乳酸菌は胃酸に弱いという弱点があるため、1日の摂取量としてはなるべく多くの乳酸菌を摂ったほうが良いとされています。

摂取した乳酸菌の量が多いと、乳酸菌の成分が生きて腸まで到達しやすくなるといわれているからです。乳酸菌の数が便秘解消に直結しているならば、1回の摂取で乳酸菌の量をより多く摂取できたほうが良いということになるでしょう。

乳酸菌の数を比較すると、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリのほうが多いので、乳酸菌サプリが便秘に効果的だということが分かります。

乳酸菌サプリはヨーグルトよりも乳酸菌の配合量が圧倒的に多いので、乳酸菌サプリのほうが便秘に効果的だといえます!

乳酸菌サプリとヨーグルトの違い② 乳酸菌の種類の多さ

ヨーグルトは入っている乳酸菌の種類が少ない

ヨーグルトに入っている乳酸菌の種類は、たいてい1つです。まれに2つの乳酸菌を使っているヨーグルトもありますが、それでも乳酸菌に入っている種類の多さは「乳酸菌サプリ」のほうがはるかに多いです。

例を挙げてみますと、先程乳酸菌の数が多いというところでもご紹介した、いきいき健康倶楽部の「乳酸菌革命」は、1つの商品の中になんと16種類もの乳酸菌を配合しています。

乳酸菌の種類を多く摂ったほうがいい理由

乳酸菌は、個人によって「合う乳酸菌」と「合わない乳酸菌」があります。これは人によって持っている(棲みついている)腸内細菌の種類がみな違うからです。「日本人には全員この乳酸菌が合います!」と1つの乳酸菌に決めることは出来ません。

ですからサプリメント一つでたくさんの種類の乳酸菌を摂取するということは、その人に合う乳酸菌の種類が見つかりやすくなるということです。便秘対策には乳酸菌の「数」も大切ですが、数以上に「乳酸菌の種類」も大切です。

その方に合う乳酸菌の種類を摂取しなければ、乳酸菌が腸に定着することはありませんから便秘が改善される見込みはあまりありません。乳酸菌が、ただ単に腸を通り過ぎていくだけの通行人になってしまうだけです。

乳酸菌サプリは、ヨーグルトよりも数多くの乳酸菌の種類を一度に摂取することができるので、便秘が改善される確率も高まります!

乳酸菌サプリとヨーグルトの違い③ アレルギーやカロリーついて

乳製品アレルギーの方はヨーグルトで乳酸菌を取れない

乳製品アレルギーの方はもちろんヨーグルトを食べることができないので、ヨーグルトから乳酸菌を摂ることが出来ません。また、ごくまれにですがヨーグルトを食べ続けた結果、乳製品アレルギーになってしまったという方もいます。

その点乳酸菌サプリは、乳製品アレルギーをお持ちの方でも安心して乳酸菌を腸内に取り入れていくことができます(一部の商品では、乳アレルゲン表示がある乳酸菌サプリもあります)。

乳酸菌サプリはカロリーがほとんどない

ヨーグルトは砂糖や人工甘味料入りのものも多いです。プレーンタイプのヨーグルトでも、乳酸菌サプリと比べるとカロリーがものすごく多いです。

以下に、代表的なヨーグルトと乳酸菌サプリのカロリーを示します(ヨーグルトは300ml、乳酸菌サプリは1日の摂取推奨量で換算しています)。

【ヨーグルト】
ダノンビオ プレーン    約245kcal
森永ビヒダス プレーン   約195kcal
ナチュレ 恵 プレーン   約190kcal
明治 R-1ヨーグルトプレーン 約238kcal

【乳酸菌サプリ】
いきいき健康倶楽部 乳酸菌革命     約2.72kcal
フジッコ      善玉菌のチカラ   約0.71kcal
久光製薬      乳酸菌ec-12  約2.4kcal
カゴメ       植物性乳酸菌ラブレ 約1~3kcal

最近は乳酸菌を利用してダイエットをするという「腸内フローラダイエット」も流行っていますが、ヨーグルトではダイエット効果も半減してしまいそうなカロリー量です。

関連記事腸内フローラダイエットって何?どんな人にオススメ?効果を検証!

乳酸菌サプリはカロリーがほとんどない0に等しいといってもいいでしょう。ですからカロリーを気にすることなく摂取できます。

ヨーグルトと乳酸菌サプリをアレルギーやカロリー面で比較してみても、乳酸菌サプリのほうがオススメです!

乳酸菌サプリとヨーグルトの違い④ コスパについて

ヨーグルトと乳酸菌サプリ、コスパがいいのはどっち?

ヨーグルトと乳酸菌サプリをコスパの面で比べてみると、乳酸菌サプリのほうがコスパが良いようです。

例えばヨーグルトの代表格である明治ブルガリアヨーグルト300mlは、1個120円くらいで販売されています。対して乳酸菌サプリの「乳酸菌革命」は1日約88円程度で済む計算です。

また、フジッコの「善玉菌のチカラ」は1日約63円、久光製薬の「乳酸菌ec-12」は1日約60円と、ヨーグルトよりもはるかに安い金額で毎日乳酸菌を摂取することができます。

乳酸菌サプリは腸まで届きやすいように工夫されている

コスパでヨーグルトよりも1歩リードしている乳酸菌サプリですが、乳酸菌の腸までの届きやすさもリードしています。例えば「乳酸菌革命」サプリは、胞子の硬く強固な殻で菌を守っているような「有胞子乳酸菌」仕様になっていますので、乳酸菌が胃酸に負けずに腸まで届くように工夫してあります。

乳酸菌サプリであれば、サプリメントにする際に胃酸や胆汁酸に影響を受けて溶けないよう、製品の製造過程において耐性に優れた性質に作り上げることができます。ですから腸まで生きて乳酸菌が届きやすく、便秘改善効果も高く見込めるということになります。

乳酸菌の数・種類・アレルゲン・カロリー・コスパ、どれをとっても便秘対策にはヨーグルトよりも乳酸菌サプリが上です!

便秘対策なら断然「乳酸菌サプリ」がオススメ!

乳酸菌サプリは乳酸菌以外の成分も充実している

ヨーグルトは乳酸菌以外に何も入っていないことが多いですが、乳酸菌サプリは乳酸菌以外にも栄養素を含んでいることが多いです。以下に例を挙げます。

「乳酸菌革命」・・・オリゴ糖、食物繊維

「乳酸菌ec-12」・・・オリゴ糖、食物繊維

ビヒダスBB536」・・・食物繊維

乳酸菌サプリで乳酸菌以外の栄養素を摂れるということは、非常に魅力的です。乳酸菌と一緒にオリゴ糖や食物繊維を腸に送り込むことが出来れば、善玉菌は飛躍的に増えますから便秘解消にも効果的です。善玉菌のエサとなるのが、オリゴ糖や食物繊維だからです。

関連記事ヨーグルトを食べても便秘が治らない5つの理由

便秘対策にはヨーグルトよりも「乳酸菌サプリ」の摂取で決まり!

乳酸菌サプリは乳酸菌の数も多いですし、いくつもの種類の乳酸菌を一度に摂取できることも多いです。また乳酸菌サプリには副作用もないといわれていますので、正しい飲み方をすれば高い便秘改善効果を得られる可能性に期待が持てるようになります。

>>便秘に一番効く乳酸菌サプリの選び方と全12商品から選ぶ私のオススメは?

便秘を解消したいと強く願うのであれば、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリの摂取が断然おすすめです!

まとめ

ヨーグルトと乳酸菌サプリの違いをあらゆる角度から比較してみると、すべての面において乳酸菌サプリに軍配が上がるようです。

携帯面でも乳酸菌サプリであれば持ち運びも楽ですし、場所も時間も気にせずにいつでもどこでも飲むことができるので利便性でも乳酸菌サプリがリードでしょう。

便秘には、ヨーグルトよりも「乳酸菌サプリ」です!

乳酸菌サプリは効果やコスパ、利便性でもヨーグルトの上をいきます!便秘対策で乳酸菌を摂るなら、乳酸菌サプリで乳酸菌を体内に取り込んでいきましょう!


\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。