1. ホーム
  2. 乳酸菌の効果
  3. ≫乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

健康のために毎日乳酸菌サプリを飲んでいるんだけど、そういえば、乳酸菌サプリに副作用ってないのかしら?


そうですね、基本的に乳酸菌サプリに副作用はないといわれています。


そうなの?友達は乳酸菌サプリを飲んだら下痢になったと言っていたわ。


そうですか、しかしそれは副作用ではないと考えられますね。ではここでは、乳酸菌サプリのことを正しく知ってもらうために、副作用や注意点などについて詳しく説明していきましょう。


乳酸菌サプリに副作用はあるの!?飲む前の注意点のご紹介!

乳酸菌は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制や緩和、ダイエット効果が得られやすい、などの利点があり、今大変注目集めている菌です。

乳酸菌はヨーグルトに入っていることはよく知られていますが、古くから日本の食文化を支えてきたものにも多く含まれており、味噌、しょうゆ、ぬか漬け、漬物、納豆などにも豊富に入っています。

乳酸菌サプリはその乳酸菌を摂取しやすい「サプリメント状」にして、乳酸菌のパワーをギュッと凝縮して1粒に詰め込んだものです。

ここではそんな素敵いっぱい乳酸菌サプリの、気になる副作用や、飲む前に知っておいてもらいたい注意点などをいくつかご紹介していきます。乳酸菌サプリのことをよく知って、乳酸菌サプリの恩恵を100%受けましょう!

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

乳酸菌サプリの副作用について

そもそも副作用とは何でしょう?

乳酸菌サプリの副作用についてご紹介する前に、まずは副作用そのものについて説明します。

副作用は、使用した薬によって逆に悪い症状が出たり、本来の治療効果とはまるで違う反応が出ることです。

副作用には、眠気、吐き気、便秘、下痢になるといった比較的軽い症状のものから、心臓に重い負担がかかるなどの人間の命にかかわるものまで様々なものがあります。

乳酸菌サプリに副作用はあるのか?

乳酸菌サプリに、副作用はないといわれています。乳酸菌サプリに副作用が無い理由は、乳酸菌は「食品」だからです。副作用というのは、本来、「薬」に対して出る症状のことです。

よく、牛乳を飲んで下痢を起こす方がいます。このような方は、乳酸菌の原料に牛乳を使って製造した乳酸菌サプリを摂取すると、下痢になる可能性が高いです。

これは乳酸菌サプリの副作用ではなく、その牛乳の成分に体が反応して下痢になってしまったと考えられます。

乳酸菌サプリは牛乳由来のものも多く、下痢を起こした方が胃に牛乳の成分を分解する力が備わっていなかったために、体に悪い影響が出たということでしょう。

自分の体の性質を考えずに乳酸菌サプリを摂取して、「あ、下痢になった!乳酸菌サプリは副作用があるんだ!」と考えるのは早計です。乳酸菌サプリを摂取して体に悪い反応が出たとしたら、まずは自分の体質を振り返ってみましょう。

乳酸菌を使った乳酸菌サプリは「食品」ですから、肉・魚・野菜などと全く同じ部類に入りますので安全だといえます。

乳酸菌サプリは「薬」ではなく「食品」なので、副作用はない安全な食品だといわれています!

乳酸菌サプリを飲む前の注意点① 薬との併用


ここからは飲む前にぜひとも知っておいてほしい、乳酸菌サプリ摂取の注意点を5つご紹介します。

整腸剤と乳酸菌サプリの同時摂取に注意!

先程、薬の副作用について説明しましたが、薬との飲み合わせでも副作用が出てしまうことがありますので気をつけましょう。

下痢をした時などによく病院で処方される、腸を整える効果のある「整腸剤」を飲んで吐き気や下痢を起こしてしまった場合、これは副作用です。

この時に乳酸菌サプリも一緒に摂取していたら、一旦、服用をやめるべきは「整腸剤」のほうでしょう。

何事も度を超えた摂取はしない!

「乳酸菌サプリに副作用があった!」と感じる方は、おそらくその乳酸菌サプリに入っている乳酸菌の種類が自分の体や体質と合わなかったか、乳酸菌の摂取のし過ぎなどが原因で体に反応が出たのではないかと推測されます。

例えば、朝食後にヨーグルトを1パック200g食べ、昼食後に乳酸菌飲料200mlを1本飲み、夕食後にヨーグルトドリンク200mlを飲み、寝る前に1日分の乳酸菌サプリを摂取するとさて、どうなるでしょう?

これでは当然、翌日に下痢を起こすか、お腹がゆるくなることは確実です。これは乳酸菌サプリの副作用でもなんでもなく、ただの「乳酸菌の摂り過ぎ」です。乳酸菌の大量摂取はしないことが大切です。

どの食べ物でもそうですが、「体に良いんだから!」といって乳酸菌を大量に食べてしまうと体に良いどころか、逆に体に悪い症状が出ることもありますのでやめましょう。

薬と乳酸菌サプリを同時に摂取した場合に副作用が出ても、それは乳酸菌サプリの副作用ではなく薬の副作用だと考えられます!

乳酸菌サプリを飲む前の注意点② アレルギー持ちの方

乳製品アレルギーのある方は要注意

乳酸菌サプリは、原材料に牛乳が使われていることも多いです。ですから、乳製品アレルギーを持っている方は乳酸菌サプリの摂取には注意が必要です。

牛乳アレルギーやチーズアレルギーを持つ方は、乳酸菌サプリが合わないことが多いかもしれませんが、量を減らす、自分に合った乳酸菌の種類を探す、など対応を取っていきましょう。

他の食品アレルギーにも注意しよう

乳製品アレルギーだけでなく、大豆アレルギーや小麦アレルギーなどの食品アレルギーを持っている方も注意が必要です。

乳酸菌サプリを作るメーカーによっては、乳酸菌を増やす培養作業をする際に、大豆の苗床や小麦の苗床を使って製品を作ることがあるからです。

たいていはパッケージなどに「アレルギー表示」がされているはずですが、もし表示が無い場合は製造者に問い合わせてみて、安全を確認してから摂取しましょう。

食品アレルギーを持っている方は乳酸菌サプリを摂取する際に注意が必要です。必ずアレルギー表示を確かめてから摂取しましょう!

乳酸菌サプリを飲む前の注意点③ 妊婦さんが摂取する場合

tasha / Pixabay

ビタミンの添加量に注意する

妊婦さんが乳酸菌サプリを摂取する際に注意してもらいたいのは、「その乳酸菌サプリにビタミンが添加されているかどうか」ということです。

現在、乳酸菌サプリもとても進化していて乳酸菌と一緒に、ビタミンやミネラル、美容成分、ハーブ成分なども摂れるように、これらの成分が高濃度で配合されているものもあります。

ですからこのような乳酸菌サプリと、妊娠中のビタミン強化のために他のビタミン剤も一緒に摂取しているような方は、ビタミンを摂り過ぎている恐れがあります。

次の章で詳しく述べますが、ビタミンを多く摂取してしまうと「ビタミン過剰症」という病気になる可能性があるので注意が必要です。

多すぎるビタミン摂取は赤ちゃんに悪影響を及ぼす?

ビタミンの過剰摂取の恐ろしいところは、その病気の影響がお腹の赤ちゃんに出てしまうことです。

例えば妊婦さんがビタミンA過剰症になった場合、お腹の赤ちゃんは奇形児になる可能性が高まるといわれています。またビタミンK過剰症で赤ちゃんが重い貧血の症状になることがあるといわれています。

乳酸菌サプリとビタミン剤を併用する場合は、ビタミンの取りすぎにならないようにしましょう。

乳酸菌サプリはむしろ妊婦さんにオススメです

乳酸菌サプリでビタミンの取りすぎにさえ注意すれば、乳酸菌サプリの摂取はむしろ妊婦さんにはオススメです。乳酸菌は妊娠中に起こりやすい便秘にも効果的ですから、薬を飲んではいけない妊婦さんにとっては便秘解消の大きな味方です。

しかも乳酸菌は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制や緩和、美肌効果、ダイエット効果もあるといわれています。

ですから、ホルモンバランスの関係で妊娠中の荒れやすい肌もキレイになる可能性が高いですし、妊婦検診のたびに医師や助産師さんから、チクチクと増えすぎた体重を指導されるような方にもおすすめです。

関連記事便秘解消だけで終わらない?乳酸菌がカラダに与える7つの効果

関連記事腸内フローラダイエットって何?どんな人にオススメ?

乳酸菌サプリにビタミンが入っている場合、ビタミンの過剰摂取に注意!ビタミン過剰症の影響が赤ちゃんに出ることがあります。

乳酸菌サプリを飲む前の注意点④ 幼児が摂取する場合

dagon_ / Pixabay

乳酸菌サプリを幼児が摂取するのは危険?

最近は、離乳食が始まる生後6ヶ月頃から便秘になる子もいます。乳酸菌は便秘に効果的なので幼児に便秘薬を使いたくないというママが、子供の便秘を解消するために乳酸菌飲料を飲ませたり、乳酸菌サプリを与えたりするケースもあるようです。

関連記事1番便秘に効くのはどれ?人気7種の乳酸菌飲料の特徴を徹底比較

しかし、幼児が大人と同じ量の乳酸菌の量を摂取すると、便秘解消を飛び越えて下痢の症状を出してしまうこともありますので注意するようにしましょう。

乳酸菌サプリを与える時は量を考えて

乳酸菌を摂取してお腹がゆるくなったり下痢をするのは、一時的なものです。摂取量を減らせば、すぐに治まることが多いといわれます。

幼児の便秘改善のために乳酸菌飲料や乳酸菌サプリを摂取させる時は、少な目の量からトライしましょう。

幼児の胃腸はまだ未熟です。大人と同じ量の乳酸菌摂取は避けて、最初は控えめに与えて徐々に増やしていきましょう!

乳酸菌サプリを飲む前の注意点⑤ ビタミン過剰症に注意

乳酸菌サプリにはビタミンが入っているものも

多すぎるビタミンの摂取は、「ビタミン過剰症」という病気を引き起こす恐れがあります。

近年は、乳酸菌サプリにも様々な種類が出回るようになっています。中には乳酸菌サプリの中にビタミンやミネラル、美容成分、ハーブ成分などを配合している多機能なサプリメントもあります。

このような乳酸菌サプリ商品の場合、乳酸菌だけ摂取したくても、乳酸菌と一緒に他のビタミンも自動的に体内に取り込んでしまうことになります。

そして注意してもらいたいのは、このような乳酸菌サプリと、それとは違う別のビタミン剤の計2つを毎日摂取しているような方です。

乳酸菌サプリの中に入っているビタミン、ビタミン剤のビタミン、それから通常の食事から体内に吸収されるビタミン、この3つのビタミン量では、1日のビタミン摂取の上限量ははるかに超えてしまうことも考えられます。

主なビタミン過剰症の紹介

【ビタミンA過剰症】1日の摂取上限量 2700μg

食欲減退、髪の毛が抜ける、皮膚がガサガサになる、皮膚が色素沈着を起こす、骨や関節が痛い、妊娠時の胎児の奇形リスクが高まる、

【ビタミンD過剰症】1日の摂取上限量 100μg

食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、便秘、下痢、脱水、多飲・多尿、皮膚のかゆみ・皮膚の赤み、腎不全、尿路結石、高血圧

【ビタミンK過剰症】1日の摂取上限量 150μg(0~1歳児は60μg)

貧血、血圧低下、呼吸困難、乳幼児では新生児溶血性貧血、

ビタミン過剰症になるのは脂溶性ビタミンに属する、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなどです。これらのビタミンは過剰摂取を続けると肝臓などに徐々に蓄積され、最終的にはビタミン過剰症という形で体に痛みを与えます。

またビタミンには水溶性ビタミンもありますが、水溶性ビタミンは水に溶ける性質を持つため、過剰摂取した分は速やかに尿として体外へ出されますので過剰症になることはないとされています。

ビタミンは人間の体の働きを正常に維持してくれる作用や、代謝を行う酸素やホルモンを作り出す重要な成分ですが、行き過ぎたビタミンの摂取はビタミン過剰症を招いてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

乳酸菌サプリを選ぶ時は、乳酸菌以外にどんな成分が入っているのか調べてから購入するようにしましょう!

まとめ

乳酸菌サプリは整腸剤などの薬ではないので、副作用はないといわれています。ですが、「乳酸菌サプリは体に良いのよ!」と必死になってやたら多く摂取しても、何の意味もありません。過剰症をおこし、体に悪いだけです。

乳酸菌サプリは、毎日一定量を摂っていくことで、初めて効果も見せ始めるものです。決められた量を毎日きちんと飲む、という継続が大切です。

また、乳酸菌サプリは妊婦さんや赤ちゃん、幼児が摂取する時も最初は量に注意しましょう。少しずつ摂取を試みて、子供や自分の体に合った分量を見極めましょう。

乳酸菌サプリは副作用の心配もなく、安全な「健康構築サプリ」です。人間の体は食べたもの、摂取したものでしか作り上げることは出来ません。

今日摂取した乳酸菌が、今日の腸内環境を作り上げます。今日摂取した乳酸菌が、明日の健康を構築します。

基本的に 乳酸菌サプリの副作用の心配はなし!ですが、妊婦や幼児、薬と同時に摂取する時は細心の注意をはらいましょう!

\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。