1. ホーム
  2. オススメ便秘解消法
  3. ≫便が硬い日が毎日続いても大丈夫?5つの病気リスクと今すぐ出来る効果的な対策

便が硬い日が毎日続いても大丈夫?5つの病気リスクと今すぐ出来る効果的な対策

排便する時、とても痛いのよね。だから最近、トイレに行くのが怖くなっちゃって・・・


それは大変でしょう。排便時に痛いのであれば、便が硬くなっているはずですが、どうでしょうか?


そうなの。実は便が硬い日が続いているわ。これはもしかして、何かの病気のサイン?


確かに、便が硬いと病気リスクは高くなるといわれていますね。ではここでは、便の硬さと病気リスクについてご紹介していきましょう。


硬い便は病気のサイン?

便が硬いと、便を体の外へ押し出すことが難しくなります。トイレに行って出そうとして必死でイキんでも、便は簡単に姿を見せてくれません。

それどころか便が硬い状態が続くと、腸のぜん道運動も自分の使命を忘れたのか、次第に便意さえ感じさせなくなってきます。

「便が硬いと一体どんな病気リスクがあるのか」

ここでは、「便が硬い日が続いた時に起こりやすい病気リスク」と、今日から始められる簡単で効果的な「硬い便対策」をご紹介します。

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

便が硬くなる2つの原因

硬い便が呼ぶ病気のリスクとその対策方法をご紹介する前に、まず便が硬くなる原因を紹介します。その原因は主に2つあります!

便の水分の量が少ない

便が硬くなる原因は、ほとんどが便に水分が足りないからです。

胃で胃液によってドロドロにされた食べ物は、十二指腸、小腸を通り、大腸に到達します。その大腸の腸壁から水分吸収されていき、徐々に便の硬さを形成していきます。

便が腸を通るスピードが遅くなり、大腸内に止まる時間が長くなると、当然、便の水分は大腸の腸壁からどんどん吸収され、便の水分がどんどん抜け落ちていくと、カラカラ・コチコチの便になり、肛門の手前で便が停滞して体外に出にくくなります。

便秘の原因の多くは「便が大腸に止まる時間が長いこと」が理由であり、いかにして便を素早く押し出すかというのが重要なのです。

不溶性食物繊維の食べ過ぎ

便を柔らかくするものとして「食物繊維の摂取が効果的!」だということは、知っている方も多いです。

しかし、「不溶性食物繊維を食べ過ぎると逆に、便を硬くしてしまうことがある」ということを知っている方は少ないです。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、水溶性食物繊維は字のごとく水に溶けやすい繊維なので、便を柔らかくします。

不溶性食物繊維は腸内において水分を吸えるだけ吸い、何十倍にも膨らむ繊維です。

不溶性食物繊維自身が水分を身にまとって膨張するので、便の水分は「腸壁に水分を吸収される」だけではなく、「不溶性食物繊維にも水分を取られる」ということで、不溶性食物繊維を食べ過ぎた時の便は硬くなります。

元々、不溶性食物繊維は食欲を抑制してくれたり有害物質を吸いつけて便と一緒に外に出してくれる良い栄養素ではあります。

しかし、食べ過ぎると便を硬くしてしまう場合があります。

便を硬くしないためには、便の通過速度を速くすることが大切です!

便が硬い時に心配される5つの病気リスク

①慢性的な便秘

水分が少なく固くなった便は、健康な状態よりも腸に止まる時間が長くなっています。そのため、例え毎日便を出していても、その便は「本来ならもう少し前に排出されておくべき便」なのです。

通常の排便サイクルより遅れることを一般的には便秘状態といい、このサイクルが遅くなると、本格的に深刻な便秘になります。

また、腸の状態が改善せず、排便サイクルが乱れた状態が続くと、慢性的な便秘状態となります。

便秘は「万病の元」だといわれ、便秘になるとことで何一つ良いことはないといわれています。

便秘によって引き起こされる症状も沢山ありますので本当に注意が必要です。

②痔(切れ痔)

便が硬いと、排便時に肛門が切れやすくなります。

肛門の皮膚は比較的に薄いので、硬いカチコチの便を出し続けることで肛門に圧力がかかり、肛門の皮膚が裂けるようになります。

肛門が裂けてしまうと、切れ痔になりキズ口からバイ菌や細菌がすぐに入り込み、いぼ痔や痔瘻(じろう)などに発展していきます。

痔は軽い病気だと思われがちですが実はそうではなく、手術をしなければならないくらい重症化することも非常に多い病気です。

③風邪やアレルギー症状

便が硬いと便秘になりやすいので、風邪になりやすくなったり花粉症などのアレルギー症状も出やすくなります。

これは、便秘になると腸内で悪玉菌が勢力を拡大して、腸の免疫機能能力を下げてしまうことで起こる症状です。

悪玉菌の増加で免疫機能が正常に作動しなくなると、ウィルスや細菌・花粉などのアレルゲン物質を腸の中で撲滅することが出来なくなります。

こうなると風邪をひかせて高熱でウィルスや細菌をやっつけたり、鼻水や涙・くしゃみで出させて花粉を体外から排除するしか病原菌を追い出す術すべがなくなってしまうので、体はいつも風邪やアレルギー症状を出すようになってしまいます。

④大腸がん

便が硬いことで便秘になると、最も心配される症状は大腸ガンです。

がん細胞は毎日生まれているものですから、日々退治していかなければなりません。

便が硬くて便秘の症状であると、がん細胞を退治してくれる善玉菌の働きが弱くなります。

がん細胞をやっつける免疫細胞を強くするのは善玉菌などの有用菌ですから、腸内環境を整えておかないと、日々生まれ出るがん細胞を野放しにすることになります。

がん細胞を野放しにしていると、いずれそのがん細胞は本物のガンへと変わっていきます。

⑤大腸憩室症(けいしつしょう)

便秘になってしまうことで、「大腸憩室症」になることも心配されます。

大腸憩室症は便が詰まって、大腸の壁の一部分が外側へとポコッと飛び出してしまう病気です。腸壁がピンポン球のように袋状に丸く外に飛び出す(これを憩室と呼ぶ)ので、そこに古い便が溜まり、炎症を起こします。

炎症が進むと、ひどい腹痛、発熱、血便などの症状が出るようになり、さらに病状が進むと憩室(けいしつ)に穴が開いて腹膜炎になるなど重篤な病気を起こしてしまうこともあります。

便が硬いと便秘になりやすく、それにより様々な病気を引き起こすことがあります!

硬い便を柔らかくするために効果的な4つの対策

その① 乳酸菌を含む食品を食べる!

便を柔らかくするためには、便が腸を通過するスピードを早めてあげると効果的です。

便が腸を通過するスピードを速くしてくれるのは、腸内細菌です。腸内細菌に悪玉菌が多くなると腸の働きが弱くなり、善玉菌を増やすと腸の働きは活発になります。

腸内細菌を善玉菌の多い環境にするためには、「乳酸菌」の力を借りるのがもっとも手っ取り早いです。

乳酸菌を摂取すると善玉菌が腸内で増えやすくなり、腸のフォーマンスを最高に良い状態へ持っていくことが望めるでしょう。

ただ、乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料などに入っているものの、胃酸によって死滅する可能性が高いので、手っ取り早く乳酸菌を摂取する方法としてオススメは「乳酸菌サプリの摂取」です。

「乳酸菌サプリ」は、菌が生きたまま腸に届きやすい設計の商品が多く、何より配合されている乳酸菌の量もがヨーグルトや乳酸菌飲料などよりも圧倒的に多いので効果的だといわれています。

関連記事乳酸菌サプリとヨーグルトの効果は全然違う!特徴やコスパを徹底比較

乳酸菌サプリを摂取して、便が腸内を通り過ぎるスピードを早めてあげましょう。

そうすることで、便が硬くなる前に便を排出することが出来、病気を防ぐ効果も高まります。

その② 食物繊維やオリゴ糖を摂る!

便が硬くなるのは「不溶性食物繊維の食べ過ぎ」も理由の一つだと紹介しましたが、便の硬さを柔らかくするためには水溶性と不溶性食物繊維のバランスも大切です。

「食物繊維が少なすぎること」も便を硬くする理由にあげられますので、ある程度の食物繊維量を食べることは大切です。

「不溶性食物繊維」は、ごぼう、たけのこ、アボカド、かぼちゃ、枝豆、インゲン豆、さつまいも、こんちゃく、えのき、しめじ、なめこなどに多く含まれています。

「水溶性食物繊維」は、納豆、アボカド、オクラ、春菊、人参、梅干し、レモン、キンカン、にんにくなどの多く含まれています。

これら不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を「2:1」の割合で食べると、ほどよい硬さの便になるといわれています。

また、オリゴ糖も便を送り出す腸のぜん道運動を起こさせる腸内細菌のエサになります。オリゴ糖も一緒に食べると便を柔らかくる効果が高まります。

「オリゴ糖」を含む食品には、きな粉、インゲン豆、そら豆、エンドウ豆、玉ねぎ、ゴボウ、アズキ、などがありますので、こういったものを積極的に食べていくのもオススメです。

また、食物繊維やオリゴ糖をなどを摂りたいと思っていても、忙しくてなかなか摂取することが難しいという方は、「オリゴ糖配合の青汁」で摂取するのも良い方法です。

便秘に効く青汁の選び方と一番オススメの青汁とは?」の記事で紹介している「藍の青汁」はオリゴ糖が配合され、飲みやすさも兼ね備えた便秘解消に効果的な青汁です。

バランスよく食物繊維を摂取すると便を柔らかくなります。オリゴ糖配合の青汁等を毎日摂取することで腸内細菌の働きが活発になり、便が出しやすくなります!

その③ オレインなどの良質な油を摂る!

オレイン酸は腸の中に入ると腸では吸収されにくく、しかも腸の動きを活発化させる作用があるといわれている成分なので便秘に効果的だといわれています。

オレイン酸は油ですと、オリーブオイル、キャノーラ油、ひまわり油などに多く含まれています。

また食品ですとアーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツなどのナッツ類、豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類、ピーマン、とうもろこし、枝豆、高野豆腐、大豆製品などに多く含まれています。

オレイン酸を摂ることで便のまわりに油分が付着し、便が油でコーティングされるようになります。

このことで便から水分が逃げるのを防ぐことも出来ますし、肛門から便がスルッと滑るように出るようになるので潤滑油のような役割も果たせますので排便も楽になります。

その④ マグネシウム成分を摂る!

便を柔らかくするには、マグネシウムを摂ることも効果的です。

マグネシウムはミネラルの一つに数えられ、骨などを作る成分として知られていますが、便を柔らかくしてくれる作用も持っています。

病院でよく処方される便秘薬の「酸化マグネシウム」は、マグネシウムを酸化させて薬に変化させたものです。

ただ、マグミットなどの薬を長期間服用する場合は注意が必要です。

マグネシウム成分を多く含む食品には、ナッツ類、昆布、ひじき、玄米、大豆、ごま、緑黄色野菜全般などがあります。このような食材を利用したものを食べていくとよいでしょう。

便を柔らかくするには適度な水分と油分が必要です!バランスのとれた食事を食べて、便が硬くなるのを防いでいきましょう!

「便が硬い」だけでは終わらない!腸内環境が悪い高まる病気リスクとは?

便が硬いと大きな病気の源になることも

便が硬くなってしまった時に、最も現れやすい病気は便秘です。

便秘にも、腸のぜん道運動が弱くなって起こる「弛緩性便秘(しかんせい)」、主にストレスが引き金となって起こる「痙攣性便秘(けいれん)」、肛門の手前の直腸でなぜかいつも便がストップしてしまう「直腸性便秘」など、様々なものがあります。

便秘は長引くと排便時に大きな苦痛を伴うようになりますし、最終的には大きな病気に発展していくことも大いに考えられます。

また便が硬くなった便秘がちの方は、ここに挙げた病気以外にも様々な病気になる可能性がありますので注意が必要です。

まずは、硬い便を改善していこう!

「便が硬くなると、便秘になる。便秘が大きな病気を引き寄せる。」

このような構図から抜け出して病気のリスクを下げるためには、日頃から腸内環境を整えておくことが大切です。

乳酸菌サプリや青汁を活用しながら、効果的に腸内環境を整えていくのが最短な方法ですが、一番オススメできる方法は、腸内環境を良くする効果が高い「乳酸菌サプリ」です。

乳酸菌は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌をバランスよく配合している、便秘解消にはもってこいのサプリメントです。

また「乳酸菌サプリ」は、妊娠中の女性や授乳中の方でも飲めるくらい副作用のない安全な商品だといわれていますし、美容効果も高いといわれています。

ですから、妊娠中の便秘で悩んでいる方や妊娠中や授乳中でも綺麗でいたいと願っている方にもピッタリのサプリです。

腸内環境の充実は病気の発症リスクを下げ、健康効果を高めます!乳酸菌サプリで腸内環境の充実を図っていきましょう!

まとめ

「便が硬くて、お尻が痛いなぁ。トイレに行くのもうやだな・・・」という日が毎日続くなら、便秘になっていて、その便秘の影に大きな病気が潜んでいることも考えられます。

水分をたっぷりと飲んで、野菜、きのこ、海藻類をしっかり食べて、よく寝ましょう。

ひどい便秘に悩まされるようになると、下剤や薬を多用しなければ排便すら出来ない状態になる場合もあります。そうすると、今度は薬の乱用が始まってしまうこともあります。

便秘の苦しみは、便秘になった人にしか分かりません。

便秘の方は、便を出すのに毎回冷や汗がドボドボ出てきます。

便秘にならないようにするためには、硬い便を作らないことが一番良い方法です。ですから、硬い便を未然に防いでいくようにしたいものです。

硬い便を柔らかくするのは、腸内細菌です。腸内細菌は「乳酸菌サプリ」で、乳酸菌をたくさん腸内に補充してあげると、硬い便を作らせないように手助けします。

乳酸菌サプリで硬い便とサヨナラして、毎日柔らかい便に出会いたいものです。

硬い便は病気のリスクを上昇させます。乳酸菌サプリを摂取することで腸内環境が整って、病気を近づけない健康体を目指すことが可能です!

\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。