1. ホーム
  2. 医療用便秘薬の効果と副作用
  3. ≫【医療用便秘薬一覧】効果が期待できる便秘の種類や副作用は?

【医療用便秘薬一覧】効果が期待できる便秘の種類や副作用は?

便秘がひどくなちゃったから、病院へ行って便秘薬をもらおうと思っているの。


そうなんですね。病院で処方される医療用便秘薬にも沢山の種類があるのですが、ご存知でしょうか?


いいえ、知らないわ。ここで薬のことを教えてもらえるなら、病院へ行く前に聞いておこうかしら。


そうですね。ではここでは医療用便秘薬を一覧にしてまとめ、それぞれの効果や副作用などについてもご紹介していきましょう。


知っておけば役に立つ!医療用便秘薬の種類や特徴を知って便秘知らずを目指す!

便秘の症状で困ってしまい病院へ行くと、医師からは必ず便秘薬を処方されるものです。

便秘の薬はとても種類が多いので、「この便秘薬の効果ってどんなものなんだろ?」「副作用とかないのかしら>」と心配になることもあるでしょう。

すべての薬に、副作用はつきものですが、便秘を治したいためにせっかく便秘薬を服用しているのですから、副作用の影響を受けることなく治療に専念したいものです。

ここでは、効果が期待できるとよく使われる医療用便秘薬の種類別にリストアップし、その効果や効能・副作用などについてご紹介していきます。

便秘で病院を訪れるのは恥ずかしいことだと思っている方が多い中、「病院へ行こう!」と決心したわけですから、ここで便秘薬の知識を得て、より早く便秘が改善できるようにしていきましょう!

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

「医療用便秘薬」をもらう前に知っておきたいこと!

jarmoluk / Pixabay

「医療用便秘薬」を種類別にご紹介する前に、”便秘で病院受診する前の基礎知識”をすこしご紹介しましょう。

「医療用便秘薬」は専門の病院でもらいたい

「医療用便秘薬」をもらうためには、病院へ行って医師に処方箋をかいてもらわなければなりません。

そのため、医療用便秘薬は自分の体に合った便秘薬をもらうことが出来やすいですし、薬剤師による説明もありますから、薬を安心して服用することが出来るというのが最大の利点です。医療用便秘薬と市販薬の大きな違いはまさにここにあります。

関連記事便秘薬にも種類がある!タイプ別の6つの便秘薬の効果と副作用

そしてこの医療用便秘薬の利点をもっと生かすために、便秘で病院を受診する場合は「便秘を専門的に扱う科」で受診するとよいでしょう。

最もおすすめなのは「便秘外来」ですが、便秘外来は開設しているところが少ないので、近くに無い場合は肛門科や胃腸科、消化器科、消化器内科などを受診すととよいでしょう。

関連記事【症状別】便秘が原因で病院に行くベストなタイミングは?

便秘の症状にもタイプがある!

便秘にも様々なタイプがあり、それに合わせた医療用便秘薬をもらうことで、便秘を大幅に改善することが見込めます。

関連記事直腸性便秘の4つの原因と最短で治すために効果的な対処法4選

関連記事弛緩性便秘の5つの原因と最短で治すために効果的な対処法5選

関連記事けいれん性便秘の4つの原因と最短で治すために効果的な対処法4選

病院でもらう医療用便秘薬のメリットは、自己判断では治しにくい便秘の症状を医師に相談し自分の腸に合った薬をもらえるところでしょう。

それでは次の章から、医療用便秘薬の種類や効能や副作用などについて一つ一つご紹介していきます。

「便秘の症状で、これから病院に行く予定だ」という方や、「病院で便秘薬を処方してもらったけど、この薬のジェネリック品も知りたいわ」などと疑問に思われるような方のお役立ち情報になることを願ってお届けします!

「医療用便秘薬」のメリットは、数多く存在する便秘薬の中で自分の体に合った薬を医師から処方してもらいやすいことです!

医療用便秘薬 その1 「大腸刺激タイプ」

stevepb / Pixabay

ここでは主に、”大腸を刺激する”ことで便秘を解消していく「大腸刺激タイプ」の便秘薬をご紹介します。

「プルゼニド」

【先発品】/プルゼニド

【ジェネリック】/センノシド、センノサイド、センナイド、ソルダナ、ソルドール、フォルセニド、プルノサイドなど

プルゼニドは病院でも頻繁に処方される便秘薬で、大腸を直接刺激して腸のぜん道運動を促して便を押し出す薬です。

効果が強いので、服用してから8~10時間程度で効果が出現するといわれており、弛緩性便秘の方や慢性便秘でお悩みの方に有効的に作用する便秘薬だといわれています。

副作用としては、吐き気や嘔吐、胃の不快感、胃痛などがあるとされています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消として「プルゼニド錠」を飲む場合に期待できる効果と注意したい4つの副作用

「ラキソベロン」

【先発品】/ラキソベロン

【ジェネリック】/ラキソデート、ピコスルファート、シンラック、スナイリンドライソロップ、ピコダルム、ピコルーラ、ピコプレップ、ヨーピス、チャルドールなど

ラキソベロンは先程ご紹介したプルゼニドと同じように、病院で処方される薬としてとてもメジャーな便秘薬です。

ラキソベロンの主成分が大腸に届くと、腸内細菌と混ざり合い化学変化が起き、その化学変化後に生まれ出る成分が大腸粘膜に刺激を与えて、便秘を解消していきます。

副作用としては、腹痛や下痢などが起こることがあるとされています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消のために「ラキソベロン」を飲む場合の期待できる効果や副作用6つ

「アローゼン」

【先発品】/アローゼン

【ジェネリック】/ピムロ顆粒

アローゼンは大腸の腸内細菌の代謝でレイアンスロンという物質に変わり、レイアンスロンが大腸の粘膜を刺激して腸のぜん道運動を活発化させ、排便させる効果をもたらすといわれています。

副作用としては、吐き気、嘔吐、悪心などがあると報告されています。

詳細はこちら↓
関連記事アローゼンを便秘解消として飲む場合に期待できる効果と副作用について

「アジャストAコーワ」

【先発品】/アジャストAコーワ

【ジェネリック】/ヨーデルS糖衣錠

アジャストAコーワは大腸を薬の主成分で刺激を与え、腸の便を動かす働きを促進して排便をさせる薬です。

副作用として、吐き気、腹痛、皮膚のかゆみや発疹などが報告されています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消のために「アジャストAコーワ錠」を飲む時に注意したい副作用と期待できる効果

「ヒマシ油」

【先発品】/ヒマシ油

【ジェネリック】/ヒマシ油 マルイシ、ヒマシ油 ヨシダ、ヒマシ油 トウカイなど

ヒマシ油は小腸粘膜を刺激して、腸を動きを元気にさせて便通を良くする薬です。

副作用には腹痛、嘔吐、悪心などの報告があります。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消をするため「ヒマシ油」を飲む場合に期待できる効果と副作用

「大黄(だいおう)」

【先発品】/大黄

【ジェネリック】/なし

大黄は植物性の便秘薬です。強い主成分の作用で腸の働きを呼び戻し、便が通るのを活発化させ、便通を改善していきます。

副作用としてはあまりないとされていますが、飲む量が多いと腹痛や胃痛などを起こしやすくなるといわれています。

詳細はこちら↓
関連記事大黄(だいおう)を便秘解消に使う場合の気をつけるべき副作用と期待できる効果

「大腸刺激タイプ」の医療用便秘薬は、大腸を直接刺激するので比較的に短時間で便秘を解消する力がある薬が多いです!

医療用便秘薬 その2 「便を柔らかくするタイプ」

qimono / Pixabay

ここでは、便を柔らかくすることで便秘を解消していく便秘薬をご紹介していきます。

「酸化マグネシウム」

【先発品】/酸化マグネシウム

【ジェネリック】/マグミット、マグラックス、カイマックスなど

酸化マグネシウムは通称「カマグ」と呼ばれる、便秘薬の中でもとてもポピュラーな薬の一つです。

酸化マグネシウムは水分を腸内に引き寄せて集め、便に水分を多く含ませて便を柔らかくして、便を増大軟化させて便秘を改善していきます。

副作用としては、量を服用しすぎることで起こる下痢の症状や、軽い腹痛などがあると報告されています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消したくて「酸化マグネシウム」を飲む場合の期待できる効果とつの副作用

「コロネル」

【先発品】/コロネル

【ジェネリック】/ポルカルボフィル

コロネルは腸で水を吸収して膨らみ、主成分がゲル状になることで便を柔らかくして便秘を解消していく薬です。

よく、「過敏性腸症候群」の方の便秘異常の症状が起こっている時に使われる薬でもあります。

関連記事過敏性腸症候群の原因と乳酸菌サプリが与える効果や影響

副作用としては、胃の不快感、胃のむかつき、腹痛などがあるとされています。

詳細はこちら↓
関連記事コロネルを便秘薬として使用する場合の期待できる効果と副作用について

「ブスコパン」

【先発品】/ブスコパン

【ジェネリック】/スコルパン、リラダン、ブチルスコポラミンなど

ブスコパンは”過度の緊張”による便秘になった時などに、腸のけいれんを抑えるためによく使われる薬です。

関連記事けいれん性便秘の4つの原因と最短で治すために効果的な対処法4選

副作用としては、口が渇く、動悸、ガスがたまりやすくなるなどの症状があるとされています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消のため「ブスコバン」を服用する場合に期待できる効果と副作用とは

「便を柔らかくするタイプ」の医療用便秘薬は、大腸刺激タイプより効果は薄いことがありますが、お腹が痛みにくいというメリットがあります!

医療用便秘薬 その3 「整腸剤」

jarmoluk / Pixabay

ここでは、便秘薬のように即効性はありませんが腸内細菌の働きを強めていくことで排便を促す、「整腸剤」もいくつかご紹介します。

「ビオフェルミン」

【先発品】/ラックビー
【ジェネリック】/ビオフェルミン

ビオフェルミンは大腸において有害とされる悪玉菌の増加を抑え、腸内細菌群(腸内フローラ)を整備して、便秘を改善していく整腸薬です。

実はビオフェルミンはラックビーの後発医薬品のジェネリックに該当します。副作用としては、まれにお腹がゆるくなりすぎて下痢の症状を起こすことがあるといわれています。

詳細はこちら↓
関連記事ビオフェルミンを便秘解消として飲む時に注意したい副作用と期待できる効果とは

「エンテロノン」

【先発品】/エンテロノン

【ジェネリック】/耐性乳酸菌散10%「JG」

エンテロノンは、耐性のある乳酸菌剤です。「耐性薬」とは、胃液で負けることなく腸まで届くように”耐性をつけられた”薬のことです。

耐性をつけるためには、カプセルに入れたり専用の薬剤と一緒にまとめられたりすることで”耐性付け”を行うことができます。

副作用としては、じんましん、発疹、かゆみ、咳などが報告されています。

また牛乳アレルギーの方がエンテロノンRを服用することは禁忌となっています。アナフィラキシーショック起こし、命にかかわる危険性もあるためです。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消を目指して「エンテロノンR」を飲む場合に期待できる効果と副作用について

「ラックビー」

【先発品】/ラックビー

【ジェネリック】/ビオフェルミン

ラックビーはビフィズス菌から作られていて、酪酸や乳酸を増やして善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて便秘を改善していく薬です。

よく抗生物質を飲む際にも処方されます。抗生物質により、腸内細菌が全滅して下痢にならないように、下痢の緩和や軽減薬としても用いられます。

ラックビーはビフィズス菌から出来ているので、副作用はあまりないといわれています。

詳細はこちら↓
関連記事ラックビーを便秘解消として飲む場合に期待できる効果と副作用について

「ミヤBM」

【先発品】/ミヤBM

【ジェネリック】/なし

ミヤBMは「宮入菌」という乳酸菌の仲間である酪酸菌から作られており、便秘を引き起こす原因といわれている悪玉菌を腸内から追い出して、お腹の調子を整える薬です。

ラックビーと同じように、抗生物質の服用で起こることの多い下痢の症状を防ぐ目的で、使われることも非常に多い薬です。

乳酸菌の仲間の酪酸菌を使用しているので副作用もあまりなく、赤ちゃんや子供、妊婦さんんだおにも幅広く処方されます。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消したい時に「ミヤBM」を飲む場合の注意したい副作用と期待出来る効果について

「整腸剤」は医療用便秘薬の中でも腸に穏やかに届く薬で、子供や妊婦さんにも使える優しい薬です。主に、悪玉菌を抑えて善玉菌を増やす作用があります!

医療用便秘薬 その4 「新薬」「腸管洗浄薬」「座薬」

dertrick / Pixabay

ここでは、新しいタイプの便秘薬として医療用便秘薬で取り扱いされるようになった、「新薬 アミティーザ」と、腸管洗浄剤や座薬についてご紹介していきます。

新薬 「アミティーザ」

【先発品】/アミティーザ

【ジェネリック】/なし

アミティーザは2012年に30年ぶりとなる便秘の新薬として発売された、小腸を刺激するタイプの便秘薬です。

小腸で大量の水分分泌を引き出していくことで、便秘を解消していきます。

主に重度の便秘症の方に使用し、6ヶ月以上慢性便秘症などで苦しんでいるような方に向いている薬です。

副作用は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などがあります。効き目が強く出ることが多いので、妊婦や授乳中の方は飲まないようにしたほうがよいとされています。

詳細はこちら↓
関連記事アミティーザを便秘解消として飲む時に注意したい副作用と期待できる効果について

「マグコロール」

【先発品】/マグコロール

【ジェネリック】/ウタゲン配合散

マグコロールは便を柔らかくして排便を起こさせる薬で、大腸の内視鏡検査前などの腸管内容物を取り除く際にも使われることが多い薬です。

副作用としては、嘔吐、腹痛などを起こすことがあるとされています。

詳細はこちら↓
関連記事便秘解消として「マグコロール」を服用する場合の期待出来る効果と副作用とは

「ビジクリア」

【先発品】/ビジクリア

【ジェネリック】/なし

ビジクリアも便に水分を含ませるように働き、その作用で排便を起こして便秘を解消していく薬です。マクロゴールと同じく、水分を腸内で貯めておいて、しゃ下作用で腸内洗浄を行う便秘薬でもあり、内視鏡検査前などによく使われます。

詳細はこちら↓
関連記事「ビジクリア」を飲む場合に注意したい副作用と期待できる効果とは

「テレミンソフト坐薬」

【先発品】/テレミンソフト坐薬

【ジェネリック】/なし

テレミンソフト坐薬は、肛門から入れる座薬タイプの便秘薬です。直腸に直に作用して、強く排便を促します。

副作用は、かゆみ、発疹などの過敏症や、肛門の痛みなどが報告されています。

新薬アミティーザは、便秘が重症化した方には特に効果が期待できる薬です。しかしその分、副作用も強いといわれていますので注意が必要です。

医療用便秘薬に頼る前に、「乳酸菌サプリの摂取」をしておこう!!

cenczi / Pixabay

現代の日本人は便秘薬に頼りすぎる?

近年、日本人は便秘で悩んでいる方が非常に増えてきたといわれています。

それは食事内容の欧米化で、肉・炭水化物中心の食事しか食べないような方が圧倒的に増えているからだといわれます。

和食文化を離れた代償が、今、日本人の腸を直撃して便秘という名の病気で困らせているのです。

そして現代は皆とても忙しいですから、「あ、便秘になっちゃった。便秘薬飲もう~っと」と、便秘になったらスグに薬に頼ってしまう方も多いです。

「便秘になった!」「便秘薬があるからイイや!」「便秘薬を飲み過ぎて、効かなくなってきた!どうしよう!?」

ということになるのは確実です。そうなればもう、今度は打つ手がりません。便秘のたびに手術でしょうか。

便秘薬はとてもお手軽で、効果の高いものも多いです。寝る前に便秘薬を飲めば、翌朝はドッサリ出ることもあるでしょう。

しかしそこには強烈なお腹の痛みや、肛門痛などもあります。これらの痛みを我慢しながら、便を出すのです。これはとてもツライ作業ではないでしょうか。

便秘を治す基本的なことは、便秘薬を飲むことではありません。便秘薬は便秘になった後に飲むものですから、便秘が改善されないことには、いつまでも便秘の力を借りて生きていかなければならないことになります。

便秘薬を持ったまま、棺桶に入りたいですか?

便秘を治したいと便秘外来に足を運んだ際にも、「普段から一体どんなものを食べているのか」、という食生活の内容は100%尋ねられます。これは便秘が、”食生活にどれほど大きく影響を受けているのか”、ということの現れです。

食生活などの基本的な見直しをしないことには、医療用便秘薬だけに頼りっきりの生活ではいつまでも便秘の悩みと共に生活していかなければならなくなります。

便秘の悩みとお別れするためには、「食生活」「運動」「規則的な生活」を改良すること、そして「乳酸菌サプリの摂取」を毎日行っていくことをオススメします!

関連記事乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

便秘にならないように、「乳酸菌サプリの摂取」をオススメ!!

便秘のために病院へ通う前に、出来ることがあります。それは、「乳酸菌サプリの摂取」です。

ここまでご紹介してき薬の中にラックビーやミヤBMといった整腸剤の薬がありましたが、これらの薬も乳酸菌から開発された薬です。

乳酸菌サプリは、乳酸菌を数千個から数億個以上を凝縮してカプセルなどに閉じ込めてあるサプリメントで、高い便秘解消効果やダイエット効果も見込むことができるサプリメントです。

関連記事乳酸菌サプリが便秘対策で選ばれている5つの理由

関連記事腸内フローラダイエットって何?どんな人にオススメ?効果を検証!

また便秘を改善していくための基本的なことは、食生活や生活習慣の見直しです。

便秘外来に行き便秘を治すために受診する際にも必ず、「食生活」と「生活習慣」の内容は尋ねられるものです。

これをみても食生活と生活習慣が便秘に対して、いかに重要なウェイトを占めているのかがよく分かるというものです。

関連記事ウンチの回数が増える!腸が動く効果的な9つの方法

「医療用便秘薬」はクセになりやすいですし、常飲することで効果も弱くなってくることが多いです!「乳酸菌サプリ」は体に優しく副作用もないとされていますし、摂取を続けることで高い便秘解消効果を目指すことが可能です!

まとめ

便秘薬には効果だけでなく副作用もあります。

副作用を受けず、薬の効果を最大限引き出すためには「腸内環境を整える」ことが欠かせません。

便秘薬にはラキソベロンやアローゼンなどのように大腸に生息する腸内細菌と上手く融合して、高い便秘効果をねらう治療薬もあります。

そして腸内環境を整えることで、このラキソベロンやアローゼンの動きはもっと良くなります。ですから、腸内環境を整えることは重要なのです。

そしてまた、腸内環境を整えておくことは、便秘が起こらないように未然に予防する「便秘予防効果」の役割も果たしてくれます。

腸の腸内環境を整えることは、”そもそも便秘薬を必要としない体”を作り上げていくことの貢献します。

便秘になると日常生活もキツイですし、最悪手術をしなければ便秘が取り除かれない事態も起こります。そして何より便秘は、大腸ガンなどの病気も誘い込んでしまうことがありますので注意が必要なのです。

関連記事【便秘がちの方要注意】腸内環境の悪化が引き起こす7つの病気

腸内環境を整えるには、”毎日乳酸菌サプリの摂取を行う!”ということが最もお手軽で、オススメです!

乳酸菌サプリで、”輝かしい明日の美しい腸”を目指しましょう!

便秘を改善していくためには腸内環境をキレイに整えておくことは必須です!腸内環境を美しく保つためには、「乳酸菌サプリの摂取」が最も効果的でしょう!

\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。