1. ホーム
  2. 便秘と乳酸菌について
  3. ≫妊娠中の便秘に乳酸菌をオススメする5つの理由

妊娠中の便秘に乳酸菌をオススメする5つの理由

妊娠中の便秘を解消する方法って何かないかしら?妊娠したとたんに便秘になってしまって・・・


そうですか、それなら「乳酸菌を摂取すること」をオススメしますよ。


乳酸菌ってヨーグルトとかに入っているアレ?なんで、妊婦の便秘に乳酸菌がオススメなのかしら?


分かりました、ではここでは妊娠中の便秘になぜ乳酸菌をオススメするのか、その理由をご紹介していきましょう。


乳酸菌は穏やかな効果で、妊婦さんの便秘解消に一役買います!

妊娠したことやお腹の赤ちゃんがスクスクと成長してくれることは、妊婦さんにとってとても幸せな時間でしょう。

しかし中には、赤ちゃんの成長に伴いだんだんと便秘になり、毎日暗い顔で過ごしている方もいます。

妊娠前は便秘とは無縁な生活を送っていた方が、「妊娠したら便秘になっちゃったわ!」という方は少なくありません。

妊娠中は赤ちゃんの健康を害する恐れがあるので、薬をガブガブ飲むわけにもいきませんので、対処にとても困ります。

「便秘薬」は薬なので体にとっては異物ですし、その効果も一時的なものです。

ここでは、乳酸菌がなぜ妊娠中の便秘に対して効果的なのか、その理由をご紹介していきます。

\一番売れている便秘対策サプリ/

※購入回数の縛りがなく1,000円オフでお試し可

オススメ理由① 乳酸菌は妊婦の腸の動きを良くする!

妊娠中の便秘には乳酸菌が効くって本当?

妊娠が成立すると、「プロゲステロン」という妊娠を続けていくために必要なホルモンが脳下垂体から大量に放出されます。

プロゲステロンは妊娠の維持をするのになくてはならない大切なホルモンですが、胃腸に対してはあまり良い作用を見せません。

プロゲステロンは腸の筋肉をゆるくする作用があります。

これは骨盤にも同じことがいえるのですが、妊娠すると赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなってきますので、骨盤や筋肉をゆるくしておいて、徐々に大きくなる赤ちゃんの体が窮屈になって苦しくならないように準備しているのがプロゲステロンの作用です。

プロゲステロンにより腸の筋力が低下すると、腸が便を押し出す力である「ぜん道運動」が弱くなったり、起こりにくくなったりします。

これは「弛緩性便秘(しかんせい べんぴ)」と呼ばれる、妊婦さんが便秘を起こす1つの原因となっているものです。

そして乳酸菌は、このような腸の筋力の弱まりで起きる便秘に対して、非常に効果的な作用をもたらすといわれています。

乳酸菌はぜん道運動を促進する!

乳酸菌がなぜ、妊娠中の便秘に効果的なのかというと、それは乳酸菌が腸のぜん道運動を促進する効果があるからです。

腸の筋力が弱くなって便を外に向けて追い出す力が弱まっているということは、「腸の中から便を肛門まで押し出す力を腸内に与えてあげればよい」ということです。

便を動かす力は、腸内環境が調っていなければ出来ません。便秘になっているということは、すでに腸内で悪玉菌が多い状態になっているのではないかと推察できますので悪玉菌を減らしていかなくてはなりません。

乳酸菌は腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があるといわれていて、腸の中からぜん道運動が起こりやすくなるように働きかけてくれます。ですから妊娠中の弛緩性便秘にとても効果的だといわれています。

関連記事乳酸菌サプリが便秘対策で選ばれている5つの理由

乳酸菌は腸の「ぜん道運動」を復活させ、腸の筋力低下による便秘を改善する効果がありますので妊婦の便秘に効果的です!

オススメ理由② 乳酸菌には副作用がない

乳酸菌は妊娠中に摂取してもOKな菌!

妊娠中の便秘に乳酸菌の摂取をおすすめする理由の一つとして、「乳酸菌は副作用がないので、妊娠していても安心摂取できる!」という点もあります。

関連記事乳酸菌サプリの副作用は?飲む前に知っておくべき気になる5つのポイント

妊娠中はとにかく薬が飲めません。薬を飲むことによって、赤ちゃんへ何か悪い影響が出るのではないかと心配されるからです。

妊娠中の便秘の場合、マグミットなどのように妊娠していても飲めるような便秘薬もあります。しかし本音は、なるべく薬に頼らずに便秘を解消していきたいものです。

「妊娠中の便秘に、マグミットは全然大丈夫ですよ」と医師から言われていも、赤ちゃんに対して薬の影響が100%出ないという確証はありません。

まさか発売前のマグミットの効果を、本物の妊婦さんで実験検証しているはずがないからです。これから新しい生命を誕生させようとする妊婦さんに対して、どんな薬でも試せるはずはありません。

マグミットが妊婦の便秘に効果的なのかどうかの実験検証は、必ず、妊娠しているラットか何かの動物で試されているはずです。ですが、人間の妊婦と妊娠している動物は違うものでしょう。

動物実験では、妊娠中の動物は便秘薬の投与で便秘が解消されたかもしれませんが、妊娠した女性ではそうはいかないのではないでしょうか。

ですから、なるべく便秘薬には頼らない便秘解消法を見つけたいものです。

それには、乳酸菌の摂取が最適です。乳酸菌は副作用がなく、赤ちゃんの健康に対して何の心配もせず摂取していくことが可能です。

乳酸菌は妊婦の腸に優しい

乳酸菌は便秘の元となる悪玉菌の増殖を抑え、腸内を善玉菌優位の健康な腸内環境に整えてくれる作用があります。

腸内環境が良好になれば、腸内細菌の働きも活発化して、便秘がどんどん解消されていく仕組みです。

また妊婦さんが便秘になる原因の一つとして、先程ご紹介した「弛緩性便秘」とは別に「直腸性便秘」というものがあります。

直腸性便秘は赤ちゃんが大きくなるにつれて、赤ちゃんが妊婦さんの腸を圧迫して起こる便秘です。赤ちゃんの体に小腸や大腸が強く押されて圧迫されると、腸は細くなります。

腸が細くなると、便の通り道がせまくなりますので便秘になってしまいます。

特に妊娠後期の妊婦さんの腸は大変で、出産前の赤ちゃんは体重が3キロ前後ありますから、大腸などは体重3キロの赤ちゃんに押されて、背中のほうへ大移動します。これでは誰だって便秘になります。

乳酸菌は、このように腸が細くなって便通が悪くなってしまった腸において大変よく働いてくれます。進みが悪くなった便がスムーズに通過するように、腸の善玉菌を増やし腸内細菌の数を増やして、便秘を改善していきます。

乳酸菌は薬と違って副作用の心配がありません。乳酸菌なら妊娠中の便秘対策に最高のパフォーマンスを見せてくれるでしょう!

オススメ理由③ 乳酸菌は体重増加を防ぐ

妊娠中はとにかく太りやすい

妊娠中に乳酸菌を摂取することで便秘の改善が進んでいくと、妊婦さんの体重増加を防ぐことが出来ます。

便秘になって太ることはよくあります。

便秘になると腸の働きが低下しますから、体の代謝率が下がります。代謝が下がるということは、体がエネルギーを消費しないということですから、使われなかった糖分は脂肪としてどんどん蓄えられていき、結果太ります。

つわりがない妊婦さんや、つわりの時期が通り過ぎた5ヶ月以降の妊婦さんの食欲は天井知らずです。よく食べるのに便秘になってしまうと体は重く動き辛くなり、やがて悲鳴を上げるでしょう。

乳酸菌は、そんな太りやすい妊婦さんの便秘を改善していくことで、妊婦さんの体重が激しく増えていくのを抑えてくれます。

乳酸菌は妊婦さんの体重管理に役立つ!

乳酸菌は腸の働きを上げる善玉菌を増やしてくれる菌なので、毎日乳酸菌を摂ることによって、便の排泄がスムーズに行われるようになります。

すると便が腸内に長時間置き去りになることも少なくなりますので、体重が急激に増加するということもなくなっていくでしょう。

また乳酸菌を摂取して腸内細菌の群れ(腸内フローラ)がキレイに調ってくると、自然と代謝が上がってきますので、ダイエット効果も望むことができます。

ここでいうダイエットとは、体重を減らすという意味ではなく、「体重をあまり増やさない」という意味です。妊婦さんにダイエットは厳禁です。

妊婦さんは医師から「体重が増え過ぎてるね、注意して!」とか「あと2キロ体重が増えたら、管理入院させるからね」などというように、意外と体重に関しては厳しく指導を受けるものです。

それは体重が増えてあまりに太ってしまうと、

「太ってしまった分の脂肪が産道を圧迫して、赤ちゃんが外に出づらくなる」

「妊娠高血圧症になりやすく、出産時にいきんだ時に脳溢血や脳梗塞を起こす可能性が高くなる」

など、医師にとってはあまり出会いたくないシュチュエーションを展開させる可能性がグッと高まってしまうからです。

妊娠中から乳酸菌を摂って便秘を解消し太りにくくすることで、医師から体重増加を注意されることもなくなるでしょうし、またいずれママとなる妊婦さんも、安産を引き寄せることになるでしょう。

関連記事腸内フローラダイエットって何?どんな人にオススメ?効果を検証!

また乳酸菌の摂取で乳酸菌の高い効果を得やすくするためには、「乳酸菌の摂取の仕方」が大切です。乳酸菌は食事の後に摂る、毎日摂る、などの方法で摂取していきましょう。

関連記事一番効果的な飲み方はどれ?乳酸菌サプリの正しい飲み方

乳酸菌の便秘解消効果で、妊婦さんの体重管理も楽に行うことができるようになります!

オススメ理由④ 乳酸菌は免疫力がアップする!

乳酸菌で体が強くなる!

乳酸菌で妊娠中の便秘が改善されてくると、体の免疫力が次第にアップしてきます。

便秘の状態であると、腸の中は悪玉菌優位の状態になっています。

悪玉菌が増えていると、腸に集中して置かれている体の免疫機能力が激しく低下します。

ですから便秘の状態が続くと、病気にかかりやすくなるということです。

妊婦さんが病気になると、どうなるでしょう?

赤ちゃんに良い影響は、何も与えないでしょう。与えるとしたら、悪いものばかりです。

乳酸菌は便秘改善だけでなく、妊婦さんが病気にかからないように導いてくれる菌でもあります。

関連記事便秘解消だけで終わらない?乳酸菌がカラダに与える7つの効果

乳酸菌でストレス性の便秘も回避していこう!

妊娠中は特にストレスを感じやすくなります。激しいつわり、食べ物の変化、匂いに敏感になる、体が疲れやすくなるなど、とにかく様々なストレスが妊婦さんに対して押し寄せてきます。

体の中でストレスを最も受けやすい部分は、胃や腸です。ストレスで胃潰瘍、ストレスで胃がムカムカ、ストレスで便秘、ストレスで下痢、ストレスでetc・・・、

ですから妊娠中のストレスで、便秘になることは本当に多いです。

赤ちゃんのためにも自分のためにも、そのような時こそ、ぜひ乳酸菌を腸に送り込んでほしいものです。

乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、妊婦さんの健康を守る力が強まります!妊婦さんの健康は、「赤ちゃんの健康」に直結しています!

オススメ理由⑤ 乳酸菌は赤ちゃんのアレルギー対策にもなる!

乳酸菌を摂取するとアレルゲンに強くなる!

乳酸菌には、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の予防や緩和をしてくれる効果があることが様々な研究ですでに解明されています。

妊娠中の妊婦さんが便秘対策として乳酸菌を摂取している場合、アレルギー症状を緩和してくれる効果も知らず知らずのうちに受け取っていることになります。

近年、生まれてくる赤ちゃんにはアトピー性皮膚炎などのアレルギーを持った子供がとても多いといわれています。

これはその赤ちゃんを産んだママが、アレルゲンに対する抵抗力が弱いために、よく起こることだとされています。

ママのアレルゲンに対する抵抗力が落ちた原因は、近年の環境汚染の影響や、女性の社会進出による会社や人間関係から受けるストレスの過多、帝王切開での出産が増えたこと(産道を通らない)など、様々です。

子宮の中にいる赤ちゃんは、出産時に産道を通って生まれてきます。実は赤ちゃんはこの時、ママの産道に付着している細菌を口から取り込み、生まれたその瞬間から腸内環境を一から作り上げていくといわれています。

そして腸内環境と産道の細菌は、とても似ているといわれます。

ママが妊娠中から乳酸菌を摂取することで善玉菌優位の状態になっていると、赤ちゃんが通る産道の細菌も抵抗力の強い菌が付着していると予想できます。

またママが出産時にイキむと、赤ちゃんと一緒に便が出てくることも多いです。

これは一説によると、便の中にはママのたくさんの腸内細菌が入っているので、赤ちゃんはママの便に少しでも触れることで自分の腸内環境を作るのに役立てているのだといわれています。

そしてまたこんな話もあります。

これはコアラの話ですが、生まれたばかりのコアラの赤ちゃんはユーカリの葉を消化することが出来ません。ユーカリがコアラの唯一の食べ物なのに、コアラの赤ちゃんはユーカリを食べることが出来ないのです。

そこでコアラのお母さんはどうするのかというと、赤ちゃんに自分の糞便を食べさせるのです。

お母さんコアラは生まれたての赤ちゃんに自分の便を食べてもらうことで、赤ちゃんの腸内に、ユーカリを消化することの出来る「菌」を与えているのです。

ママが腸内に持っている腸内細菌が、どんなに大切なものなのかがよく分かります。

妊娠中の便秘解消はとても大切!

妊娠中にママが便秘になっていると、何も良いことはありません。

腸は、免疫の最重要部分である「要(かなめ)」です。便秘になると悪玉菌のせいで腸に有害物質が増えて、腸の働きも低下します。

風邪やインフルエンザなどのウィルスに感染しやすくなりますし、肌荒れもいつも以上に増えます。

関連記事あなたの腸は大丈夫?症状で調べる悪玉菌チェックリスト

妊娠中の女性が乳酸菌を摂取することで便秘解消に一歩でも近づけば、免疫力は高まり、産道を通る赤ちゃんにも良い腸内細菌をプレゼントすることができます。

赤ちゃんはママにもらった腸内細菌を元に免疫機能を構築し、自分の体を守って生きていきます。腸内細菌は、ママが赤ちゃんに与えられる最高のプレゼントです。

関連記事一石二鳥!乳酸菌を摂ると便秘と花粉症は同時に解消される?

関連記事アレルギーに効く乳酸菌はこの7種類!特徴や効果まとめ

乳酸菌の摂取はママだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのアレルギー予防効果にも期待が持てます!

まとめ

妊娠中の便秘には、乳酸菌の摂取がとても効果的です。

妊娠中に乳酸菌を摂ることで、便秘の改善、体重増加の抑制、病気にかかりにくくなる、赤ちゃんのアレルギー対策にも有効、など様々な効果に期待が持てるようになります。

関連記事おならもクサくない!乳酸菌サプリがもたらす隠れた効果9つ

なお乳酸菌はヨーグルトにも多く含まれていますが、摂取するならヨーグルトの乳酸菌よりもサプリメント状になっている「乳酸菌サプリ」をオススメします。

関連記事ヨーグルトを食べても便秘が治らない5つの理由

関連記事関連記事乳酸菌サプリが便秘対策で選ばれている5つの理由

妊娠してから急に便秘の症状で悩まされるようになったという方は、ぜひ乳酸菌サプリを試してみてください。

乳酸菌は薬にはない穏やかな効果で、妊娠中の便秘解消を手助けします。

便秘を解消して、明るい笑顔で赤ちゃんに会いましょう!

赤ちゃんの腸内細菌の土台はママの腸内細菌ですから、乳酸菌サプリで良好な腸内環境を目指しましょう!

\「ホントに効くの?」に応えた便秘対策サプリ/

※1,000円オフでお試し可&2回目は解約OK

この記事がお役に立てばシェアをお願いします

【2018年版】便通が改善した便秘サプリベスト3

【機能性表示あり!】お通じ改善に効果的なNo. 1便秘サプリ
善玉菌のチカラ
5
価格 ¥1,550
メーカー フジッコ株式会社
送料
成分 クレモリス菌FC株
割引キャンペーン 初回39%オフ&定期購入縛りなし
善玉菌のチカラ
  • 生きたまま腸に届く「クレモリス菌FC株」配合
  • 安心の大手食品メーカー「フジッコ」が開発
  • 機能性表示が認められた乳酸菌サプリメント
  • 一番人気の便秘サプリ(450万袋突破)

大手食品メーカーのフジッコが開発した善玉菌のチカラという乳酸菌サプリは、腸の調子を整える種類の乳酸菌が配合されていて、「機能性表示」が認められている便秘解消のために特化したサプリメントです。

値段も安く、購入回数縛りがないので試しやすい!

ビフィリゴ10000
ビフィズス菌BB536が20億個
ビフィリゴ10000
4
価格 ¥1,070
メーカー 株式会社ECスタジオ
送料
成分 ビヒダス菌BB536 他
割引キャンペーン 初回限定特別価格!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が20億個配合!
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も配合
  • 初回限定1,070円!

機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が配合されたビフィリゴ10000は、腸内環境を整え、便通を改善させる働きがあると「機能性表示」が認められているサプリメントです。

ただし、効果は期待できるものの、2回目以降の料金が高いこと、また、3回連続購入の購入回数縛りがあるため、サプリ初心者にはオススメしづらく2位としています。

ビフィーナS
ビフィズス菌BB536配合の顆粒タイプサプリ
ビフィーナS
3
価格 ¥2,980
メーカー 森下仁丹
送料
成分 ビフィズス菌BB536 他
割引キャンペーン 定期購入23%オフ!
  • 便通改善効果があるビフィズス菌BB536が50億個配合!
  • 森下仁丹のロングヒットシリーズ
  • 購入しやすい価格設定!

便秘解消効果が期待出来るという「機能性表示」が認められ、ビフィズス菌BB536が50億個配合されたビフィーナSは、特殊なコーティング技術によってビフィズス菌BB536を閉じ込め、生きたまま腸に届きやすいサプリメントとなっています。森下仁丹のロングヒット商品です。

ただし、顆粒タイプのため飲みづらいことと、価格が少し割高なことから3位としました。