1. ホーム
  2. ≫マグミットは危険⁉︎便秘に悩む妊婦が薬を飲むと現れる副作用とは?

マグミットは危険⁉︎便秘に悩む妊婦が薬を飲むと現れる副作用とは?

妊娠中に便秘になった場合、産婦人科の先生からマグミットマグラックスといった薬が処方され、その薬を飲んで便秘を解消している妊婦はとっても多いようです。

確かに、この薬を飲むと、便が柔らかくなり、お通じが毎日できるので、飲んでいる間は「魔法のクスリ!」とも思い、頼りきっていました。

しかし、妊娠中ず〜っとマグミットを飲み続けていたわたしの経験上、わかったことがあります。それは、

数日だけの短期間の服用なら問題ないけど、長期間マグミットを服用し続けるのは、避けた方がいい!

安心・安全と言われているマグミットやマグラックスにも、飲み続けないと気づかない落とし穴があり、身をもって体験しました。

この記事では、その理由や危険性について、体験談を交えながら紹介します。

マグラックス

マグミット(マグラックス)に副作用なんてあるの?

マグミット(マグラックス)は主成分がマグネシウムの薬で、腸の水分量をコントロールする薬。簡単に言うと、便に水分を含ませて便を柔らかくさせる効能があるクスリです。

なぜ『便を柔らかくさせる必要があるのか?』というと、固い便は柔らかい便よりも排便されにくいうえ、排便時に肛門を傷つける可能性があがるからなのです。

頑張って用を足してもコロコロっというウンチしか出ない場合がありますよね。これは完全に『便の水分』が不足している状態なのです。こういった『コロコロウンチ・ガチガチウンチ』は便秘症の典型的な症状で、妊婦さんにも多いようです。

関連記事毎日コロコロうんちしか出ない3つの原因と便が柔らかくなる効果的な便秘対策

さて、マグミットやマグラックスを妊娠中に飲む場合、気になるのは『副作用』。これらの薬に副作用はあるのでしょうか?単刀直入に言いますと、、、

副作用はありません!

あっ!正確に言うと、「妊娠中の便秘を解消させる目的程度の服用なら副作用はない! 」ということ。

先ほども言いましたが、マグミットやマグラックスの主成分はマグネシウムで、マグネシウムの長期大量服用は『高マグネシウム血症』という病気になるリスクがあるようです。

ただ、この病気は高齢者や腎臓に疾患のある方がなる病気で、妊婦さんが普通に飲んでいても心配はありません。

そもそも、妊娠中に飲んではいけない副作用があるなら、産婦人科などでは処方されませんもんね。わたしも、産婦人科の主治医の先生にマグミットについて質問したところ、

便を柔らかくさせる為に腸の水分をコントロールする薬だから副作用はありませんよ!妊娠中ずっと飲み続けても大丈夫ですよ!

という回答をいただきました。なので、妊娠中にマグミットやマグラックスを飲むのは安心なのです!

では、なぜ長期間の服用は避けた方がいいと感じたのか?その理由を解説します!

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

薬を飲まなくなると現れる副作用

不妊治療中に排卵誘発剤クロミッドを服用した結果、極度の便秘症になって以降、マグミットを服用し続け、妊娠中から出産後半年間はマグミット(マグラックス)のお世話になっていたので、かなりの期間(約2年間)はカラダにマグネシウムを入れていたことになります。

もちろん、薬を飲んでいる期間は副作用などなく、薬を飲むとゆるいウンチが毎日出てくれていましたし、赤ちゃんも無事に出産、先天的な疾患や障害もなく今も元気にすくすく育っています。

ところが、出産してから半年後ぐらいに、あることが頭をよぎったわけです。

このままマグミットを飲み続けていてもいいのかな?いくら副作用がないクスリといっても、2年間も飲みっぱなしだし、飲むよりも飲まないほうが良いに決まっているはず!

そろそろクスリを卒業しようかな?

こんな思いでマグミットを卒業したのですが、、、

これまで2年間も薬に頼った生活を送っていたせいもあり、マグミットの服用を中止すると、たちまち便秘症に逆戻り。さらに、自分の力で排便する機能が低下し、以前にも増して便が出にくくなっているのです。

クスリによって強引に便を柔らかくさせ、排出しやすいウンチにすることにより、多少便を押し出す腸の機能(ぜん動運動)が低下していても、便秘にならない状態をキープできていたようです。

ところが、薬の服用をストップすると、たちまち便は固くなります。そうなると、ぜん動運動の機能が低下した腸では、固いウンチを排出する力はありません。当然便秘体質に逆戻りというわけ。

頑張らなくても便が出る状態が続いた結果、腸の機能は以前よりも弱ってしまったのでしょうね。

つまり、マグミットの長期服用の副作用は、『腸の機能の低下』です。

これは、長期間マグミットを飲み続けたことがある人でしかわからないでしょうね。1年以上薬を飲み続けた方は、おそらく私と同じような苦しみを抱えていると思います。

マグミットなどの便秘薬は一時しのぎに過ぎない!

マグミットなどの便秘薬は、一次的な排便を促す作用はあるものの、便秘の原因である「腸内環境(腸内フローラ)を整える働き」はありません。そのため、便秘改善は一時的なものになります。

便が詰まってどうしようもない時は、緊急避難的に便秘薬を服用するのも1つの選択肢ですが、便秘を解消したいなら、根本治療である腸内環境を整えることが重要です。

便秘気味の方が、便秘薬に頼らず(または、便秘薬と併用して)乳酸菌サプリを摂取しているのはこのためです。

一時しのぎの便秘薬より腸内環境を整える工夫が大事!

先ほども言いましたが、マグミットやマグラックスのような便秘薬は、腸内環境を整え、根本的に便秘を解消する薬ではなく、あくまでも「便を排出するためだけの薬」です。

つまり、一時しのぎの薬です。

もちろん、クロミッドなどの副作用による便秘など、一時的に便秘になった方は、「一時しのぎの便秘対策」が必要です。

しかし、便秘の状態が長期間続く方や、体質的に便秘気味の方は、一時しのぎの便秘薬を飲んでも意味がありません。

むしろ、腸のぜんどう運動の働きが弱くなり、より一層便秘状態が続いてしまい、薬に頼らずに生活できない状態となってしまいます。

便秘に悩まない生活を送るためにも、腸内環境を整える事を優先に生活し、善玉菌優位の腸内フローラを目指すと、自ずと便秘は解消されるでしょう。

【体験談】薬に頼らずに便秘を解消させた方法

当サイト管理人は、マグミットから卒業するために、ビフィズス菌サプリメント(乳酸菌サプリ)を服用し、その結果、徐々に腸内環境が整い、今では薬に頼らずに便秘を克服できています。

ヨーグルトよりも安くて手軽なので、乳酸菌サプリはオススメです。

>>便秘に効く乳酸菌サプリの正しい選び方と人気商品ランキング

【口コミ】森永のビフィズス菌サプリ「ビヒダスBB536」を1ヶ月試した効果

早い時期に薬から卒業を!

もし、妊娠中に「ビヒダスBB536」などの『便秘を解消する飲み物』を知っていれば、あのような酷い腸状態にはなっていなかったと思います。それだけ、妊娠中の便秘に悩む私は、便秘に関して無知でした。

もちろん、乳酸菌サプリには、マグミットやマグラックスほどの即効性はありません。

しかし、クスリと違って安全性が高く、副作用もありません。

2年間のクスリ生活で機能が低下した腸の機能は、今の所回復してきていますし、ビヒダスBB536などで腸内環境を整えているので今は快便状態をキープできています。

もし、あなたがこれからマグミットやマグラックスを飲み始めようとお考えなら、『飲むのはやめたほうがいい!』とは言いませんが、長期間服用し続けるのは注意しましょう!

その服用は『一時的・限定的』に使用するほうが絶対いいです。

  • 本当に苦しい時は薬に頼る。
  • 少し落ち着いたら、薬を減らし(薬を止め)ていく。
  • 薬ではなく自然に便が出やすくなる飲み物を活用する。

一生、薬に頼った生活を送る気がないのなら、早い段階で薬を手放す覚悟を持つことが重要です。

この記事がお役に立てばシェアをお願いします